コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

風邪でも学校に行く?感染症なら病気を拡散させる可能性も!

2018.3.24

ちょっとくらい熱があったって元気なら学校へ行かせてしまう親御さんや、自分の仕事が休めないから、学校へ行かせるという保護者の方もいらっしゃいますが、これってどうなのでしょうか?

熱があったり、咳が出ているというのは明らかに体に不調があるということですよね?

これは、病気や風邪を学校へ広めに行くということになりませんか?

学校は休まないというのが基本なのはわかりますが、調子が悪いのに学校へ行っても勉強できるのでしょうか?

こんなに元気なら学校へ行けばよかったのよなんて、休んでいるお子さんを見て感じる親御さんもいらっしゃるでしょうが、休んだから元気に回復してきたのではないのですか?
病気は「予防」が大切です。
そして早く治すためには「休養」が一番の薬です。

風邪の症状があっても学校へ行かせる?行く・行かないの判断基準は?

風邪の症状って、熱や咳、鼻水でしょうか?
風邪の症状があるのに学校へ行くのは、病気を広めてしまう場合も考えられますよね…。

子供が微熱がある時の学校に行かせる判断基準

微熱って分かりにくいですね。一般的な大人の場合は、37度くらいでしょうか。
子どもは体温が高めだったりしますよね。(なかには低い子どももいますが)

また平熱が35度台という子もいます。普段の平熱が低い場合は37度だとつらいことも
ありますね。
普段に平熱が37度なら、いつもと変わらないでしょう。
普段に平熱をしっておきましょう。

微熱以外の症状があるかどうかも注意しましょう。

37度が微熱だとしても、鼻水が出る、咳が出ているなどの症状はありますか?
そのような症状がある場合は、風邪の引きはじめかもしれません。子どもが小学校の場合なら、大事をとって休ませるというお母さんも多いようです。
また、ぐったりとしていて元気がない場合も心配ですね。

風邪の引きはじめで早めに休ませることによって、悪化しなくてすむこともあります。

インフルエンザなどは、流行っていませんか?

インフルエンザなどの流行期は、微熱で学校に行って、急に熱が上がり出した・・・というケースも少なくありません。

クラスにインフルエンザを蔓延させてしまわないようにしましょう。

風邪っぽくて微熱があったら?学校に行く?行かない?

ちょっとくらい熱があったって元気なら学校へ行かせてしまう親御さん。
自分の仕事が休めないからご学校へ行かせるという親御さん。これってどうなのでしょうか?

熱が何度出たら学校をやすむ・・・という決まりはないですね。

また昨日の晩は元気だったのに・・・ということもありますね。
子どもは何かに夢中になったりしているときは、自分の体調の変化に気が付かない場合もあります。

風邪気味で微熱がある時の学校に行く判断ポイント

  • 平熱が1℃以上高い場合は休ませていいでしょう。
  • 時期的に、インフルエンザなどの感染症が流行している場合は微熱でも休ませましょう。
  • 微熱だけれど、ぐったりして元気がない・食欲もない場合は悪化しないように休ませていいでしょう。
  • 子どもの性格も判断に基準にいれましょう。(気を使うタイプで疲れやすい等)

インフルエンザなどの流行の季節は、ママ友などと情報交換ができるといいですね。

風邪でも学校に行くということは、感染症を広めるということ。

感染症にかかった子どもの場合は、学校を休ませるのが当たり前ですよね。

子どもの症状が落ち着いた場合でも、ウイルスが残っていて周りに排出する可能性があります。
他の子にうつさないように注意しましょう。

学校や幼稚園では、出席停止基準の出席停止期間がありますので指示に従って下さい。
休むことで重症化を防ぐことにもなりますし、まわりのお子さんへの感染の拡大を防ぐ意味もあります。

  • 学校保健安全法によりますと、
    感染症にかかっている
  • かかっている疑いがある、又はかかるおそれのある児童生徒等があるとき

などの場合は、出席を停止させることができるとあります。

症状は軽くてもインフルエンザかもしれませんよ!

風邪でも仕事を休めない・・・?大事な会議がある?
風邪の場合あなたはどう思いますか?みんなの意見を紹介します。

  • 自分の体調がよくない状態で仕事をしても、効率が良くない。
  • まわりの人に風邪をうつしてしまっては迷惑だと思う。
  • 体調不良は休みの堂々とした理由だから。
  • ムリをして出勤して悪化して大変な目にあったことがある。
  • 体調が悪いと、まわりに気を使わせてしまうことがある。

風邪といっても重症化する場合もありますし、他の人の迷惑になることもありますね。

体調管理や、風邪ケアをしっかりして仕事にのぞみましょう。

調子が悪いんだからしっかりと休ませましょう!

元気なら学校へ行けば良かったかも?・・・と休んでいるお子さんを見て感じる親御さんはいませんか?

ある小学校のお子さんがいるお母さんのお話しを紹介します。

子どもが風邪で学校を4日ほど休みました。
体調も心配ですが、3日も休むと授業の遅れも心配です。

なので、4日目には学校に行かせました。その結果悪化させてしまいました。

治りかけだったので、ムリが良くなかったようです。
学校に行ったものの途中で体調が悪くなり、保健室に行ったそうです。
熱を計ったところ40度まで上がったといいます。学校から連絡があり迎えに行ってそのまま病院に行きました。
結局その後もよくならず、また学校を数日休むことになりました。
ムリして学校に行かせなければよかった・・・と本当に後悔しましたし、子どもにも辛い思いをさせたことに反省です。

自分勝手は判断は注意が必要なのと、何が大事なのか見極めることが大事なんですね。

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 学校・勉強