コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

喫煙者の臭いに迷惑してます!お互いに出来る対策とは

2017.12.31

喫煙者の臭いに迷惑している方も多いことでしょう。

タバコを吸わない人は特に、あの独特な臭いに敏感になってしまうことかと思います。そして臭いだけでなく、副流煙も心配なんですよね。

ただただ我慢しなくてはいけないのでしょうか?その対策方法を調べてみました。

喫煙者の臭いに迷惑しています!ずっと我慢しなきゃいけないの?

タバコを吸わない人にとっては、タバコの臭いってキツイんですよね・・・。

そんな私は、かつてヘビースモーカーでした。今は吸わなくなったので、喫煙者が側にいると嫌だなという感情を抱きます。でもイライラするほどではなく、我慢は出来ます。

しかし本当にタバコが嫌いな人にとっては「とにかくやめてくれ・・・!」という感じなんですよね。

私の個人的な意見ですが、将来的にはもっと喫煙に関しては制限されていくと思っています。公共の場で全く吸えない・・・。とまではいかないかと思いますが、タバコバーみたいなものが出来て、そのスペースでしか買えなくなったり、吸う分しか買えなくなったり。

タバコを吸う人にとっても、喫煙するスペースが限られていったり、その場所が片隅のたまり場のような場所で座る場所も無いとなると、リフレッシュが出来ません。だから、罪悪感を持たずにリラックスして吸う為にはこういう方法しかないんじゃないかと思うんです。

そういう世の中になるまでは、なるべく喫煙者に近づかないように上手くかわしていくしかないですね。

だからタバコが嫌い!喫煙者の臭いと副流煙に迷惑しています

タバコが嫌いという人は、具体的に何が嫌なのでしょうか?

まず一つ目に言えるのが、ズバリ!臭いです。吸う人にとってはなんとも思わない臭いなのかもしれませんが、吸わない人からすると嫌な臭いでしかありません。

そしてその臭いが移るんですよね・・・。カラオケに行ったり居酒屋に行ったりすると、絶対に髪や服、その他身に着けているもの全部に臭いが付くんです。

考えてみて下さい。例えばカメムシが苦手な人がカメムシが沢山いる部屋に数時間入って臭いに耐え、出てきてからも体中に臭いが染みついてとれない、なんてことがあったら、最悪だと思いませんか?

洗えるものはまだ良いですが、鞄なんかはすぐに洗えるものではありません。消臭スプレーを沢山かけたって、臭いがとれるまでにかなりの時間がかかります。

あともう一つは、副流煙の害が嫌なのです。タバコは体に悪影響を及ぼすことを、誰もが知っていることでしょう。そんなタバコを避けているのに、人が吸っているタバコによって煙を吸ってしまうというのは本当に嫌なことなのです。一人で吸ってくれる分には勝手にしてって感じなんですけどね。

職場の喫煙者の臭いが大迷惑!対策としてこんな方法も

私の職場は禁煙にも関わらず、タバコの臭いがする職場でした。喫煙者が休憩時間等に外でタバコを吸い、身体に臭いが付いているからです。

でもタバコの臭いが本当に嫌いな私は、耐えることが出来ずに最終手段としてこんな対策をしました。

まず一つ目が、席替えをしてもらうということです。上司に相談をするのですが、正直言いだしにくいというのはありました。しかし幸いにも上司は理解してくれて、2回ほど席替えをすることが出来ました。

しかし、上司によっては面倒くさがる人もいるでしょう。上司がどういうタイプなのかを見極めてから相談した方が良いでしょう。

そしてもう一つは、思い切って転職するということです。もちろん社会人である以上、退職時期などは様子を見てということにはなりますが・・・。派遣の場合なども、きちんと契約期間の区切りまでは働きましょう。

転職してもタバコの臭いがする職場に出会ってしまうこともあります。面接へ行った時はそう思わなかったのに、実際に働き始めたらタバコの臭いが気になる、ということがあるのです。きっと面接の日に喫煙者がたまたま外出していたのでしょう。

実際のところ、働いてみないとわからない部分でもあるのです。

周りに迷惑をかけないように、喫煙者は口臭対策もしっかりしましょう

喫煙者の口というのは、一番臭いが気になるポイントでもあります。口というのはタバコの煙が入る場所であり、喋ることで周りに臭いをまき散らす部分でもあります。

煙は短くとも5~10分は肺の中にいます。そのため、口の中がタバコ臭くなるのは当然のことなのです。

では、どうすればこの臭いを早く外に出すことが出来るのでしょうか?

深呼吸をしてみてください。数分間深呼吸を繰り返すことで、空気の入れ替えをすることが出来るのです。

タバコを吸う人というのは、唾液の分泌量が少なくなってしまうようです。唾液が少なくなることで口内洗浄の作用が弱まり、雑菌の繁殖も増えて臭いが増します。

そのため、アメやガムを食べて唾液の分泌を増やし、口臭対策をするのも効果的です。もちろん歯磨きやうがいも良いのですが、タバコを吸う度に磨くのは難しいですよね。

うがいくらいであれば職場でも出来ますし、アメやガムであればどこにでも売ってますし、いつでも口に入れることが出来るでしょう。

あとは定期的に歯医者へ行き、ヤニの除去をすると更に良いでしょう。

周りが迷惑していると、喫煙者は喫煙席でもタバコを吸うのはNGなの?

あなたは以下のエピソードに関して、どう思いますか?

「ある男性が飲食店で喫煙席に座りました。食後にタバコを吸ったところ、同じく喫煙席にいた他の客から『臭いから吸うな』と言われたのです。『ここは喫煙席ですよ。』と返答をしたところ、『マナー違反だ!』『常識知らず!』と罵倒されてしまった。」という話です。

いかがでしょう?このエピソードに対して、意見が割れているようなのでご紹介します。

喫煙席でも吸うべきではない

例え喫煙席だからと言って、イコール自由にして良いというのとは違うと思うんです。もし周りの人が迷惑しているのであれば、やめるべきだと思います。

というか、喫煙席なんていらないと思います。飲食店にはみんな食事をしに来ているのに、どうしてタバコの臭いまでかがなきゃいけないのでしょうか。せっかくの食事が台無しですよ。

隣でご飯を食べている人がいれば控えるというのが、マナーだと思います。

喫煙席なんだから吸って良い

そんなにタバコが嫌だというのであれば、そもそも喫煙席に座らなければ良いのでは?自分が座っておきながら、臭いから吸うなというのはヒドイと思います。そんな私もタバコが嫌いなんですけど、さすがに「やめて」とは言えないですね。

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 生活・暮らし