コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

夢占い!手を怪我する意味がもつメッセージとは

2018.1.9

手に怪我をした夢をみたことありませんか?朝起きて、あれってどんな意味があるんだろう?と不思議に思うこともあると思います。

そこで今回は、手に怪我をする夢の意味について調べてみました。

怪我にまつわる夢の意味についてもご紹介します。

手を怪我する夢を見た!どんな意味があるの?

手や腕の怪我する夢を見ると、これは何かのサインなのかと心配になりますよね。

では、手や腕の怪我する夢とはどのような意味があるのでしょうか?

これは、現実逃避願望が強くなっていることをあらわしているそうです。

仕事や勉強、子育てなど、このような夢を見た人は、今現実で起きている目の前の物事に対して、嫌気がさしてきているのでしょうか。

今は何もしたくない!そんな気持ちでいっぱいなのかもしれません。

しかし、無理は禁物です。

少し、ゆっくりと現状を見つめ直してはいかがでしょうか?

それから、手は積極性や仕事の象徴になります。

ですから、手を怪我する夢とは、気力が低下しているサインなのです。

もしくは、今は新しいことに踏み込まない方がいいというサインとも言えます。

なので、一旦立ち止まって向き合ってみてはいかがですか。

手を怪我する夢でも幸運を意味するものとは?

手を怪我する夢でも幸運を意味するものもあるそうです。

例えば、手から血が流れる夢。

一見、よからぬことが起きそうな夢ですよね。

しかし、自分の手から血が流れる夢は、これまでの成果が報われたり、成功したり、収入が増えるなど、嬉しいお知らせのサインだそうです。

また、自分の手が長くなる夢。

これは、あなた自身の才能や能力が認められることを示しています。

手が太く立派になる夢も、同じくあなたの才能が大きく買われるようなことが起きるというサインだそうです。

それから、自分の手や指が美しいと感じる夢は、人から評価や賞賛されるというサインです。

きっとこれまで頑張ってきたことが花を開き、認められるようになるでしょう。

他にも、手の爪を切る夢は、気にかかっていた問題が解決するという知らせでもあるそうです。

このように、手を怪我する夢でも幸運を意味するものもたくさんありますよ。

手などの怪我を手当する夢を見た場合の意味は?

では、手などの怪我を手当する夢はどんな意味があるのでしょうか?

傷は夢占いで心の痛みや批判を表します。

その傷を手当するということは、これまで落ち込んでいたけど、そこからまた這い上がろうとしていることをあらわしています。

これは、運気が回復してきたというサインにもなります。

手当てした傷がすぐに回復する夢の場合は、そこからさらに飛躍して強い自分になれるということです。

しかし、傷に包帯を巻いて、包帯が血に滲んで汚れるような夢を見た時は、一度立ち直ったようですが、その心の傷は実は癒えておらず、トラウマを抱えている状態を示しています。

本当の自分へと戻るためには、その批判や挫折を受け止めることも大切です。

そして、そこからどう這い上がっていくかによって、あなた自身の成長がみえてくるものです。

手にまつわる夢を見た場合、どんな意味をもつのか?

夢で見た手がキレイだったか、それとも大きかったのかなど、その手によっても意味は違ってくるようです。

そして、その人の職業によってもまた意味が変わってくることもあるのです。

例えば、お客様を相手にしたり、事務などデスクワークの仕事の人が、キレイな手を夢で見た時は、仕事で名誉を得るといった意味があるようです。

しかし、同じような夢を肉体労働の人が見た場合は、失業したり、収入が減ることを意味するので注意が必要になるでしょう。

また、泥によって汚れた手は、仕事が忙しくなるサインでもあります。

ただし、慎重に行動するべきということも同時に伝えようとしています。

また、大きな手を夢で見たら、成功を得るということを意味するでしょう。

大きな手は運気を引き寄せることを示します。

異性の手を見ている夢であれば、恋愛運が上昇する暗示ですので、身なりなど気を付けた方がいいでしょう。

いい出会いがあるかもしれませんよ。

夢に出てくる怪我にまつわる意味とは?

怪我にまつわる夢は、どんな意味があるのでしょう。

自分の身体を切りつけたりして血が流れるといった場合は、生命力をあらわしています。

そして、何か幸運が舞い込んでくるといったサインでもあります。

意外なことに、血が流れるという夢は、嬉しいお知らせのようです。

しかし、その血が流れて止まらない場合は、相手のために自分が犠牲になろうとしている暗示ともいえます。

よく考えて行動するようにしましょう。

もしも、自分を傷つけた相手が夢の中で血を流していたら、それはその人に対しての憎しみがあらわれているのでしょう。

血を流すということは、場面や流れ方によっても意味合いが変わってくるので注意しましょう。

血まみれの誰かが夢に表れたら利益をもたらすなどの嬉しい夢になりますが、それがたくさんの出血の場合は、問題がなかなか解決されないので努力をするべきだということを示しているそうです。

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 生活・暮らし