コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

車の定員オーバーは何点の減点?定員オーバーは罰金、減点の対象

2018.7.11

車に乗っていた人の人数が定員オーバーだった場合、警察に捕まるとどんな罰則があるのでしょうか。「バレなければ大丈夫」とか「捕まらないだろう」と思って定員オーバーのまま走行していると、思わぬ危険が起きる可能性もあります。

定員オーバーで捕まってしまった時は何点減点されるの?罰金はいくら?

そこで今回は、車の乗車人数が定員オーバーだったときの減点や罰金についてお伝えします。

車の定員オーバーで減点されるのは何点?

車に乗車可能な人数は車検証に記載されている

車検証に記載されている人数がその車の乗車可能な人数になっているのでそれ以上の人が乗ると違反になります。

軽自動車は規格の条件の中に4人乗り以下という項目があるので軽自動車に5人乗ってしまうと定員オーバーとなり取締りの対象になります。

乗車人数をオーバーして取り締まりにあってしまうと反則金と違反点数が科せられます。

定員外乗車で取り締まりにあった場合は反則金が6000円の違反点数は1点の減点となります。

軽自動車を運転している人は乗用車のように5人乗れると勘違いしている人が多いのでいつの間にか違反をしていたということもあります。

自分の車は何人まで乗れるのかをしっかり確認しておきましょうね!

車の定員オーバー・減点は1点!ルールを守ろう

車の乗車人数を越えてしまった場合

定員外乗車違反という違反になり取締りの対象になります。

乗車人数を超えないように気をつける必要があるのですが、気をつけなければいけないのが子供の数え方です。

子供の乗車については12歳未満の子供の場合は3人で2人として計算することができます。なので4人乗りの車に大人2人と12歳未満の子供3人が乗れることになります。

しかし、子供が12歳以上を超えている場合は大人1人と同じように数えますし、もし12歳未満の子供が2人ならばそのまま2人と数えるのです。

定員オーバーで車に乗るのはとても危険ですし重大な事故を引き起こすこともあります。また、決められた人数以上に乗るとシートベルトの数が足りなくなります。

万が一のときに守ることができないので大変危険です。安全に車に乗るためにも乗車する人数は必ず守るようにしましょうね!

定員オーバーで乗車すると減点・罰金が課せられます!

車の乗車人数を越えると違反になり取締りの対象になりますし、子供を乗せるときの人数の数え方にも注意が必要だということを説明しました。

子供は12歳未満の場合3人で2人と数えるということです。

ここで注意!チャイルドシートについて

6歳未満の子供はチャイルドシートを使用することが決められています。しかし、車にたくさん人が乗るからチャイルドシートが邪魔になり外してしまっていないでしょうか?

また、子供が抱っこがいいというのでチャイルドシートを使ってないということなどもないでしょうか?

少しの距離だからといっても違反は違反です。定員オーバーでも取り締まりになりますが、定員はぎりぎりでもチャイルドシートをしていなかったら違反になり反則金と違反点数を科せられるので気をつけましょう。

定員オーバーをわかりやすく解説!

定員オーバーにならないために乗る人の人数について確実に計算するようにしたいですよね。子供の人数について計算するのが難しいという人もいると思いますのでこちらの計算式で求めてみてください。

12歳未満の子供は子供として、12歳以上の子供は大人として考えます。子供の人数の求め方は、(定員人数ー大人の人数)×1.5です。端数は切り捨てで考えこれで求められる数字が乗ることのできる子供の数になります。

軽自動車の場合は4人乗りなので、運転者の大人が1人以外に子供が乗るなら(4-1)×1.5で4.5になります。

4.5なので、子供4人までは違反になりませんが、5人になると違反になり取締りに逢いますよ。

車にたくさんの人を乗せるときには大人の人数は何人なのか、12歳未満の子供なのか、12歳未満の子供は何人なのか、必ず計算し違反しないように気をつけましょう。

車に定員オーバーで乗車していたときの事故・保険は支払われる?

車の乗車人数をオーバーして乗っていると危険なので事故を起こしてしまう可能性も高いです。このような違反をしているときに事故を起こしてしまった場合は保険金はどうなってしまうのでしょうか?

定員オーバーしている場合でも事故を起こしたのであれば保険金が支払いになる可能性が高いです。

これは、定員オーバーだとしても正規の乗車装置、または当該装置のある室内に搭乗中の者は対象となるとされているからです。

しかし、絶対に保障されるかというとそうではありません。保険金が支払いになるのはあくまでも正規の乗車装置、または当該装置のある室内に乗っていた人になるので、これ以外にあたる場合や、極めて危険、異常な乗り方をしていた場合は対象外になります。

よくあるのが、たくさんの人を乗せるためにトランクに乗車していた場合です。この場合は正規の場所ではないので対象外になるので気をつけましょう。

定員オーバーをしてしまうと取り締まりにあうだけでなく、事故の危険性も高くなりますし、さらに保険金も支払いにならないケースもあるのでいいことはありません。

必ず乗れる人数は守って乗るようにし安全に運転するようにしましょうね!

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 雑学・教養