コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

キッチン用スポンジの使い分けにまつわるアレコレ

2018.6.5

キッチン用のスポンジは使い分けていますか?

調べてみると、キッチンスポンジは使い分けたほうが良さそうです。

そこでここではキッチンスポンジにまつわるアレコレをまとめてみました。

気になる交換のタイミングや専門家が教えるキッチンスポンジのNGな使い方、また逆にスポンジは1個で十分という意見も紹介しているのでぜひ参考にして下さい。

あなたはキッチン用のスポンジの使い分けをしている?していない?

キッチン用のスポンジって何種類も使い分けしてしまいませんか?

私の場合は、

  • 食器用のスポンジ
  • フライパンや油汚れのひどいもの用のスポンジ
  • 洗い桶ようのスポンジ
  • シンク洗い用のスポンジ
  • 排水口内のゴミ受け、三角コーナーを洗う用のスポンジ

この5種類を常備しています。

しかし、この話を友人にすると「多すぎない?そんなに必要ないよ。」と言われてしまいました。

友人の話では、スポンジは3種類あれば十分だと言うのです。それは食器用(洗い桶も鍋もこれ一つ)・排水口内のゴミ受けと三角コーナー用・こげなどのための金属製たわしの3つです。

確かに鍋と食器は分けなくても良いような気はします。最近の洗剤のCMをみてても一緒に洗っていますよね。

他の友人に聞いてみても、だいたいの人は多くても3種類、2種類という人もいました。

効果的にスポンジを使い分けたいものですよね。

キッチンスポンジは用途によって使い分けるのが正解です

キッチンスポンジはどのように使い分けするのが良いのでしょうか?

まずキッチンスポンジを素材別に見てみましょう。それによって用意するスポンジを考えた方がよいでしょう。

一般的に販売されているキッチンスポンジは、泡立ちを良くするためにやわらかめの素材で作られています。ガラスのコップや陶器などを洗う場合に向いています。

しかし、中には研磨粒子が入っているものもあります。研磨剤が入っているものは、スパゲッティなどのような油汚れがひどいものを洗う時に向いているでしょう。

ステンレス製タワシは、フライパンや鍋などについた汚れをきれいに取りたい時に適しています。ただし、IH調理器には使えないので注意しましょう。

ただ、何種類もスポンジを用意すると、洗っている途中に持ち替えるのは面倒ではありませんか?

そのため、少ないスポンジで洗えるようにするために、工夫するようにしましょう。

初めに汚れの少ないものから洗い始めます。その間に油汚れがひどいものなどを浸け置きしておきましょう。熱めのお湯に浸け置きしておくと、汚れも取れやすくなるでしょう。
そのスポンジで何を洗うのかをしっかりと覚えておき、洗う順番も考えておけば効率的に洗えるのではないでしょうか?

キッチンスポンジの使い分け実例と交換のタイミングとは

ガラスのコップは研磨剤がついていないスポンジで!

実は私もそうしてしまっていたのですが、気が付くと細かい傷がコップについているという状態になりました。

そのため、ガラスのコップや装飾のついている食器などは、研磨剤がついていないスポンジで洗った方が良いでしょう。

茶渋やコゲつき、油汚れのひどいものに関しては、研磨剤がついているものを使って汚れをしっかりと落とすようにしましょう。

また、鍋の底が真っ黒に焦げてしまった場合は、ウレタンスポンジがおすすめです。きれいに取れます!

スポンジの交換時期についてですが、あるメーカーの商品開発担当の人によると約3週間~1ヶ月が目安となるようです。歯ブラシの交換時期と同じ周期なので、一緒に替えるようにすると忘れないかもしれませんね。

清潔な状態で使うためにも、使用後は水気をしっかりと切って、できれば風通しの良い保管場所を選ぶようにしましょう。

専門家が教えるキッチンスポンジのNGな使い方

食べ終わった後の食器を洗う時、最初に汚れのひどいものから洗ってしまおうとしていませんか?

実はこれは専門家から見るとNGな洗い方です。まずは汚れの少ないグラスなどから洗うようにしましょう。

最初に汚れのひどいものを洗ってしまうことによって、スポンジはその汚れを吸収してしまいます。そしてその後でグラスなどを洗うとどういうことになるのか、想像つきますよね。

まずはグラスなどから洗うようにしましょう。

どうしても汚れのひどいものから洗いたいのであれば、スポンジを2種類用意するようにしましょう。油汚れ用とそれ以外の食器用に分けると良いでしょう。

また、油汚れなどがついてしまったスポンジの洗い方ですが、水道水に浸けて放置していませんか?この方法はNGです。そのまま放置しておくことによって、水の中にどんどん雑菌が増えていってしまいます。

漂白剤を入れた水に入れたしても、今度はスポンジを傷めてしまうことにもなります。

汚れが気になるスポンジは、思い切って新しいものと交換するようにしましょう。

キッチンスポンジは1個で十分派の意見

キッチンスポンジを使い分けしている人も多いでしょうが、何個もキッチンに置いておくことで菌が増えていることになっているかもしれません。

ある調査によると、家の中で一番菌を持っているのは「キッチンスポンジ」だという結果が出たといいます。

また、使い終わったキッチンスポンジに水分が残ったままの状態で放置しておくと、ゴキブリの水飲み場となってしまうとか。

そんな状態にならないためにも、キッチンスポンジは1個で十分だという意見があります。そして、週に1度交換するようにした方が衛生的にも良いのだといいます。

100均に行けば、ウレタンスポンジなども販売されています。それを切って使ってすぐに捨てても、お金はそれほどかからないでしょう。

菌を防ぐためにも、キッチンスポンジは1個だけ用意するようにしましょう。

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 生活・暮らし