コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

男性もマリッジブルー?浮気に走る心理と対処法

2018.6.23

女性だけでなく、男性もマリッジブルーに陥ることがあるようです。そしてマリッジブルーになり浮気に走る男性も少なくないようです。

では一体そんな男性の心理とはどのようなものなのでしょう。

ここではマリッジブルーと浮気にまつわるアレコレについてまとめてみました。

また浮気は男性だけでなく、女性にも起こりうるものです。浮気をされたときの慰謝料についても紹介しているのでぜひ参考にして下さい。

男性がマリッジブルーになり、浮気に走る時の心理とは

男性が結婚直前に浮気をする場合、理由は結婚に対するプレッシャーのことがあります。

女性にとって結婚は、幸せの象徴だったり勝ち組というようにポジティブなイメージを持つ人が多いのですが、男性にとっては責任だったり、もう自由にできないという重みのようなものというイメージが強いのです。

また、男性は自分でプロポーズをしたのにもかかわらず、両家の挨拶や結婚式の準備が進むうちに、結婚に対して不安になってくるようです。

特に親への挨拶のあとは、もう逃げられないという気持ちになるようです。

その結果、結婚前に羽を伸ばしたいとか、プレッシャーから解放されたいという気持ちで、浮気をしてしまうという人がいるのは事実です。

男性の浮気に走ってしまう心理は、自信のなさからきていることが大きいです。
そのため、日ごろから女性が男性をたててあげることで、浮気をする可能性を減らすことができます。

女性より男性の方が学歴が低かったり、女性が男性の事を下に見ている場合も、同じような心理で、男性が浮気にはしりやすくなります。

一途でまじめな男性が陥りやすい?マリッジブルーと浮気について

Q)交際5年で結婚が決まり、幸せを感じていましたが、入籍後わずか1か月で、「本気で好きな人ができたから別れたい」と離婚を要求されました。相手は彼と同じ職場の後輩女性です。

私はもう28歳で子供も欲しいのですが、これからまた、新しい恋をして結婚できるのか不安で仕方ありません。どうしたらいいのでしょうか?

A)ご相談ありがとうございます。入籍後、わずか1か月での離婚申し出という事から考えると、もしかしたらマリッジブルーからの浮気が原因ではと思い調べてみました。

結婚情報誌のアンケートでは、マリッジブルーの経験につい調査しており、女性の76%、男性の48%が「経験あり」でした。

原因については、「意見、意識の相違」「経済的な不安」に関するコメントが目立ちました。確かに、さまざまなことが具体的になり始める結婚式準備スタート期は、要注意かもしれませんね。

あなたに思い当たる節はありませんか?

恋愛期間は一途でも、マリッジブルーで浮気をすることも

それまでは一途だった人でも、いざ結婚をして、暮らしを共にし家庭を築くとなると、男性は、今後の生活に対する責任を感じてしまいます。

男性が年収や仕事への取り組みなどで自分に自信が持ちきれていない時に、自分以外の人の人生に責任を持つというのは、とても大きな壁に感じてしまうのです。

そんな時に、ふと気持ちが安らぐような女性に出会ってしまうと、不安や大きな責任から逃れたい願望も手伝って、彼女に気持ちが向いてしまうことがあるようです。

きっぱり振り切って、新しい人生を

これまで誠実だった彼の気持ちが他の女性に向いてしまったという事は、彼はその女性にも誠実であるはず。だから、隠れた浮気ではなく、離婚を申し出たのだと思います。

弁護士さんに相談すれば、彼からも相手の女性からも慰謝料が頂けるはずです。

28歳なら、妊娠も焦る必要はありません。きっぱり振り切って前に進むことをおすすめします。

男女ともに危険!マリッジブルーが引き起こす浮気

結婚直前に浮気に走る婚約者を見て、幻滅したり婚約破談になったりすることは多々あります。

婚約中は男女両方が浮気に走りやすい時期かもしれません。

婚約中は結婚を予定しているものの、まだ結婚しているわけではないため、最後の独身期間でもあります。

「本当にこの人と結婚していいのだろうか?」と思うことや「もっと遊びたい」と思って浮気に走ってしまうという人もいます。

マリッジブルーで不安な時期にやさしい声をかけてくれる人はどうしてもよく見えるものです。

もし相手の浮気が発覚したり、自分も浮気しそうに思う場合は、一度自分が結婚をどう思っているのかじっくり見つめなおしてみましょう。

結婚は無理にするものではありません。

結婚は人生を左右する大切なものです。後悔のないようにしたいものですね。

マリッジブルーでほかの男性と浮気した場合、慰謝料を払う必要はある?

結婚式のキャンセル料は、相手側に明らかな非がある場合には全額負担を要求することができます。

マリッジブルーでの浮気は該当しないため、婚約相手に慰謝料を請求することができますが、浮気相手にまで慰謝料を請求することは難しい場合が多いです。

マリッジブルーは婚約期間中の男女とも陥りやすい心理状態です。

「このままこの人と結婚しても良いのだろうか」「もっと自分に相応しい人がいるんじゃないのか」「住み慣れた場所を離れるのは不安」など、あれこれ悩んで、ついほかの人との浮気に走ってしまう人もいます。

しかしながら浮気が発覚した場合、マリッジブルーを言い訳にして浮気の責任を逃れることはできません。

マリッジブルーであったかどうかは関係なく、浮気によって婚約破棄に至った場合は慰謝料の請求が可能です。

浮気をした婚約相手には数百万円単位での支払いを請求することができるでしょう。

結婚前に浮気をさせないための対処法とは

結婚前に男性が浮気をしてしまう原因の一端は実は女性側にもあると言えます。

もともと浮気ぐせのある男性は、最初から浮気をするため、あなたの男を見る目がなかったと諦めましょう。

しかし、そうではない場合、あなたのちょっとした努力で浮気を防ぐことができるのです。

結婚前になっても態度を変えない

結婚前に女性の態度が変わると、元カノに癒しを求めたくなる男性はいます。

結婚直前になると、それまでの男性への態度を急に変える女性が本当に多くいるのも現実です。

結婚式の準備に男性があまり興味を示してくれない時など、女性が自分だけが頑張っていると感じて、男性に対してストレスをぶつけたくなる気持ちはわかりますが、自分の気持ちばかりをぶつけていると男性もストレスをためてしまうものです。

相手の親との関係は良好に

男性は基本的に「母親」のことが好きです。嫁と姑のトラブルは、今後の生活において大きな問題となるため、結婚相手が母親と仲良くできるか、できないかを実はとても気にします。

親と仲良くしている姿をいていれば、結婚前に浮気をしようとは、普通なら考えないでしょう。

元カノをブロックする

結婚前の浮気で一番多いのが男性の元カノとの浮気です。

男性が結婚するのを知ると「結婚するんだね!おめでとう」などというメッセージとともに、接触してくる女性はとても多いものです。

結婚式を控えているなら、元カノの連絡先を思い切って削除してしまうのも手です。

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 恋愛