コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

夫婦が仲良しなのはいつまで?仲良くいつまでも暮らす秘訣

2018.2.17

出来る事なら、お互いに出会った頃のような気持ちで結婚生活を送りたいし、夫婦は仲良しでいつまでも暮らしたいですよね。

しかし結婚当初はラブラブでも、何年か経つと気持ちに変化が起きてしまいがちです。

夫婦がいつまでも仲良く暮らすためには、どのような工夫が必要なのでしょうか?夫婦が仲良しでいつまでも上手く暮らす秘訣についてまとめてみました。

夫婦が仲良しでいるためには、いつまでも出会った頃の気持ちを持つ?

末永く仲の良い夫婦でいるためにはどうしたらいいのでしょうか?

お互いを尊敬する気持ちが続くためには夫のことを〇〇さんのようにさんづけで呼ぶといいでしょう。

付き合い始めた頃は、呼び捨てで呼び合うことが仲の良さを表しますが結婚してからは「さん」づけがおすすめです。

呼び捨てで呼ぶことは、自分の方が立場が上であるという感覚がしてしまいます。親であれば呼び捨てでいいかもしれません。しかし、夫婦という立場なのでどちらが上というものではありませんよね。

名前を呼び捨てにすることで、お互いにズケズケとものを言ってしまいすぎることもあります。「○○さん」と呼ぶのはいっけん他人行儀のようですが、夫婦は他人なのです。「さん」づけで呼ぶことで、お互いに言い過ぎてしまうことを予防できるでしょう。

夫婦が仲良しでいるためには、いつまでもお互いを尊敬すること?

いつまでも仲が良い夫婦はどんなことをしているのでしょうか?

円満な夫婦ほど、会話などのコミュニケーションが多いそうです。確かに、会話などのコミュニケーションがとれていれば言った、聞いていないなどの連絡ミスが減りそうです。また、お互いに確認することができますよね。

相手にイライラする原因はひとつではないことが多いと思います。時間がない、体調がよくない、相手がイライラしているなど、そんなことも会話やコミュニケーションがとれていれば知る事や気がつくことができるでしょう。夫婦が仲良くいるにはとても大切なことと言えますね。

また、仲の良い夫婦はよくスキンシップをとっているそうです。毎日のハグやキスなどが日常化しているようです。簡単なことのようで案外難しいのではないでしょうか?また、普段からスキンシップをとっていないとなかなかできるものではありません。ハグには抵抗があるという場合は、何かいいことがあったときに、ハイタッチなどしてみてはいかがでしょう?

これは、会話などのコミュニケーションに含まれるかもしれませんが『ありがとう』や『ごめんね』などの言わなくてもわかるであろう言葉こそきちんと伝えることも大切です。

年を重ねても夫婦仲良しの秘訣!いつまでも○○○をすること?

子どもが生まれると、夫婦であるのは変わりませんがお父さんお母さんとなります。ついつい、パパ、ママのような呼び方で呼んでしまってはいませんか?

子どもにとっては、お父さんお母さんであっても夫婦の間では違いますよね。夫婦の二人の時間のときには相手の名前で呼び合うといいでしょう。ニックネームで呼ぶのもいいですね。

また、子どもが小さいうちは難しいかもしれませんが、できるだけデートをしてください。同じ空間、同じ場所、同じ時間を共有していると関係はどんどんマンネリ化してしまします。たまには、外でのデートを楽しみましょう。それが難しいのであれば子どもが眠ったあとに家で映画などを楽しみましょう。

忙しいから、子どもがいるからとつい先延ばしにしてしまいがちですが、1年に一度くらいは、お父さんから夫に、お母さんから妻になってもいいと思います。デートをするときには、待ち合わせの場所を決めそこで落ち合うといいですよ。

夫婦が仲良しでいるためにやるべきこととは?

夫婦が仲良くいるには、やはり相手を思いやる気持ちが大切です。夫婦に限らず人間関係において思いやりは必要です。相手の立場に立って考えることは、簡単なことではありません。だからこそ、相手を思いやるのです。

夫婦の場合、仕事や子育て、家計の問題など二人の問題ではなく他の問題がでてきます。そのことに対して、考え方が違うこともあるでしょう。しかし、最終目的が同じであれば話し合うことで解決できると思います。

相手がどうしてそのように考えるのか?お互いの言い分が重なり合う部分はどこかなどの思いやる気持ちを含めて問題を解決することで夫婦の関係は上手くいくでしょう。

仲の良い夫婦は、ケンカをしない?

仲良く過ごすには、無理をしないことです。だからといって好き勝手するのではありません。気になることがあったら、溜め込まずに伝えることが大切です。気持ちは小出しにしましょう。また、気持ちをぶつけるときには相手が悪いと伝えるのではなく傷ついていると伝えましょう。

夫婦が仲良しなのは共通の趣味があるから?

付き合っているときには、相手のことをもっと知りたいと思いますよね。好きな人の好きなものを好きになりたいと努力していたこともあったと思います。

では、結婚してからはどうでしょうか?生活することに一所懸命で、子どものことが一番になってなど大切なことが増えていき夫婦の関係がないがしろになってはいませんか?

そこで、おすすめなのが共通の趣味です。それは一緒にウオーキング、ガーデニングなどのようなしやすいことでいいと思います。

もちろん、お互いを尊重しているのであれば共通の趣味ではなくおのおの楽しく過ごすのもいいでしょう。

年齢を重ねてから、共通の趣味を見つけるのは難しいかもしれません。たまには、将来のことについて夫婦で話すのもいいでしょう。

恋愛感情が薄れてきても、共通の趣味があることで結婚生活後半も楽しく過ごせる夫婦は多くいます。面倒くさがらず、ぜひ見つけてみてください。

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 人間関係