コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

明日の面接に緊張している方へ…緊張しないためのポイント

2018.2.24

面接や試験を明日に控え、緊張してたまらないという方は多いと思います。

緊張するのは当たり前です。

しかし、過度な緊張で頭が真っ白になったり、受け答えに支障が出てしまうと、本来のあなたをアピールしにくくなってしまいますよね。

そんな時には、少し考え方を変えてみるといいかもしれません。

肩の力を抜いて、リラックスしやすくする方法をご紹介します。

明日の面接で緊張する…。そもそも「緊張」とは

仕事やアルバイト、受験などの面接の場では大抵の人は緊張するものですよね。

しかしなぜ人は緊張するのでしょうか?

今後の為にも、緊張をするメカニズムや、どのような時に緊張するのかということを知っておけば、緊張する気持ちを和らげることができるかもしれません。

緊張のメカニズムとは

緊張は、神経伝達物質とされているノルアドレナリンが血中に多い細胞が代謝産物を排出するされることで、交感神経が刺激されて起こると言われ、その時に心拍数、血圧、体温が急上昇することが見られ、それを抑えようとすると発汗や動悸、震えなどの症状も出ることがあります。

また個人差はありますが、食欲がなくなり、腹痛に襲われたりすることもあるようです。

その他にも自分の体を守ろうと防衛本能がおこり筋肉が硬くなったりすることもあります。

人はどういう時に緊張するの?

  • 人から注目され、人前で話さなければならない時
  • 初対面の人に会う時や環境や人間関係が変わった時
  • 目上の人や立場が上の人と話す時
  • 経験の無い苦手なことを行おうとする時

明日の面接で緊張したくない。緊張すると人はどうなるのか

緊張すると、体はどのような状態になるのでしょうか?

汗をかいたり、体が震えたり、動悸が激しくなり、顔が引きつることは大抵の人が経験をされていると思います。

せっかく整えたシャツも汗で気持ち悪くなったり、面接が始まる前から終わるまで、手足の震えが止まらない、うまく笑顔が作れず顔がひきつったり、言葉が上手に出てこなくて声がうわずるなんてこともあるようです。

中には、顔や耳が赤くなり体が熱くなることもあります。

その他にも動悸が激しくなり、息苦しくなるなど緊張が高まるとこういった症状が見られるようです。

しかし面接が終わると一気に症状はおさまるので、人間の体はとても不思議ですよね。

明日の面接前にできる緊張をほぐす方法

緊張をほぐす方法には、どんな方法があるのか調べてみました。

簡単にできる緊張をほぐす方法は、呼吸に意識を向けることと言われていますが、どんな方法なのでしょうか?

ただ深呼吸をすればよいというわけではなく、息を吸うよりも息を吐き切ることがポイントになります。

息を吐き切れば自然と息を吸い込みまのので、このことを頭において、空気を吐き切きる→吐ききったあと、ゆっくり5秒数え息を吸い込む→胸いっぱい吸って息を止める→またそこで5秒数える。この呼吸法を5分前後行うことで、リラックス効果が期待できるでしょう。

また人間は緊張してはいけないと心に言い聞かせると、逆に緊張してしまう生き物でもありますので、緊張してもいい、緊張するのは当たり前だと認めることも時には必要です。

むしろ失敗してもいいやと考えてみる

誰しも面接などでは、合格したい、失敗したくないと思う気持ちから、緊張してしまうものです。

失敗してはいけないと考えれば考えるほど、悪循環に陥り、どんどん頭がパニックになっていくのです。

なので、最初から上手くやろうとせず、失敗しても大丈夫、あとで挽回しよう!そんな気持ちで臨むのが良いでしょう。

途中で何度もトチっても、取り繕うとせず、それでも一生懸命に答える人の方が好印象を与え、逆にそれが印象に残るなんてこともあります。失敗を恐れ過ぎないように、緊張してもいいやと構えていると意外と落ち着いて乗り越えることができるでしょう。

リラックスするためにこんな緊張のほぐし方も

緊張をほぐすためのユニークな方法をご存知ですか?

まず自分が好きな人や、アニメの主人公、芸能人などを思い出し、その人と一緒に遊んでいる姿を妄想してみたください。そうすることで、自然と笑顔になることができます。
好きな人を思い出すだけで自然に笑顔になれ、リラックス効果をもたらすとされているので、是非参考にしてみてください。

完璧主義の人や理想が高い人は、自分に対する意識や能力が高い分過度な期待をしてしまう傾向があります。
向上心があることはとても良いことなのですが、自分は合格して当たり前と思い込んでしまうと、面接に落ちてしまった場合、立ち直るまでかなりの時間がかかるので、過度な期待はせずに、受かったらラッキーというくらいの気持ちも大切です。

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 雑学・教養