コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

三峯神社は不思議なパワースポット!訪れた人々は開運の嵐

2018.3.26

日本人は開運、パワースポットと呼ばれるところが大好きですよね。
その中でもこの「三峯神社(みつみねじんじゃ」は関東一のパワースポットと呼ばれるほど不思議なエネルギーに満ち溢れていると言われています。

霊感の強い人なら、その違いを身に染みて感じ取ることができるでしょう。

実際に参拝に訪れた多くの人が開運したと言われている、この三峯神社について詳しくご紹介していきたいと思います。

三峯神社は不思議なパワーに満ちている!開運神社へ行こう

関東最強のパワースポットと言っても過言ではないのが「三峯神社」です。

関東にある開運神社の中でも、特におすすめの神社が三峯神社になります。

東京方面のアクセス方法は、関越道経由ですと3時間くらいで行くことが出来ます。

日帰りで行くことも出来るので、あまり時間がない人や、まとまった休みがなかなか取れない人でも手軽に行くことが出来る場所です。

三峯神社は秩父の山の中にあります。

駐車場から歩いて神社に向かっている時には、もう神気を感じることが出来るでしょう。

空気の違いをはっきりと感じることが出来るようになります。

神社に近づいていくと、気温が下がったように感じる人もいます。

神気と冷気を感じているのでしょうね。

鳥居をくぐって神社の中に入ると、大きな御神木があるのが目に入ると思います。

この御神木には直に触れることが出来ますので、ぜひ触ってみてください。

身体の中に不思議な力が流れ込んでくるのが分かるかもしれませんね!

三峯神社へ行ってみた!不思議な力で開運間違いなし!

三峯神社の鳥居は、日本に7つしかない「三ツ鳥居」という珍しい鳥居になります。

とても貴重なこの鳥居の横には、少しマッチョな狛犬がいます。

実はこの三峯神社の信仰はオオカミなのです。

オオカミは漢字で「大神」と書かれることもあり、神様の使いであることでも知られています。

昔から霊に取りつかれることを「狐憑き」といいますが、このキツネを追い払って呉れすのもオオカミになります。

なんだか毎日が上手くいかないと感じている人は、三峯神社に足を運んでみると良いかもしれませんね!

悪運を断ち切ってくれるでしょう。

三峯神社には色々な魅力がありますが、龍が浮かび上がる石畳があるのは有名な話。

拝殿をお参りを済ませて石畳に目をやると、なんの変哲もない石畳があります。

これに水をかけると龍が浮かび上がってくるのです。

不思議なことに、それまでは何も浮かんでこなかった石畳に、辰年の頃から龍が浮かび上がるようになったそうです。

三峯神社に不思議なパワーで恋愛の開運に良いとされる御神木がある

三峯神社の本殿や拝殿はとても素晴らしい美しいものです。

色々な彫刻や龍が浮かび上がる石畳など、魅力的な場所がたくさんあります。

三峯神社には御神木の大きな木がありますが、この木は鎌倉時代の武将「畠山重忠公」が奉献した御神木になり、触れることで御神木の力を得られるとされています。

御神木のご利益は「心身浄化・厄払い・厄除け・健康運・縁結び・仕事運・金運・家庭円満」などがあります。

御神木に触れると、心が温かくなるのを感じることが出来るでしょう。

また、三峯神社には縁結びの御神木もありますので、恋を叶えたい人や恋愛成就の目的で訪れた人には絶対に外せないスポットになります。

三峯神社に訪れた際には、もう一つの御神木にも足を運んでみてくださいね!

三峯神社の白いお守りのご利益は?

三峯神社のお守りには、御神木が入っています。

このお守りを持っていると「仕事運、金運、心身浄化、縁結び、家庭円満、健康運、厄除け」の御利益があるといわれています。

オオカミ信仰の神社ですので、厄除けのご利益があるといわれているんですよ!

三峯神社にあるお守りは、ご利益がある為にすぐに売り切れてしまうという噂もあります。
最近は売り切れて買えない人の為にお守りの数を増やしたという話もありますので、前よりは手に入りやすいようになったのではないでしょうか。

三峯神社の白いお守りは一人一つしか購入出来ないので注意してください。

また、お守りは自分で買うと良いですよ!

ちなみに白いお守りの意味ですが、白い色は太陽の光の色と言われていて、神聖で汚れがない色とされています。また、白は再生を意味する色でもありますので、新しいスタートを意味しています。

このため白いお守りは月初めの朔日(ついたち)にのみ、お祓い・祈念の上頒布されています。

三峯神社に辰年に表れた龍神様を見に行こう!

三峯神社の石畳に突然姿を現した龍。

この龍派、2012年頃の辰年に急に姿を現したといわれています。それまでは石畳に何の絵も浮かび上がっていなかったのですね。

浮かび上がった龍の大きさは全長50㎝ほどになり、赤い目と細長い顔はまさに龍そのものです。

かなりリアルな竜の姿に、訪れる人を驚かせています。

実際に診てみると、とても感動すると思います。

この龍は龍神様として扱われています。

石畳が乾いた状態ですと、龍神様の姿がはっきりと見えないので、石畳の処には常に水をかけることが出来るようにお水と柄杓が置かれていますので、水をかけてみてください。
実際に浮かび上がった龍神様の姿は感動ものです。

足を運んだ際には、御神木以外にも龍神様の姿も拝んでくださいね!

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 雑学・教養