コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

車選びでマニュアルにはどんなメリットがあるのかをおさらい

2018.3.6

自動車の進化により、今やほとんどの車がオートマ者。マニュアル車は、長く乗り続けている人かマニアの乗るものになって来ています。

以前は安全性や燃費など、さまざまな面でメリットもあるといわれたマニュアル車ですが、最近の事情はどうなのでしょうか。

マニュアルかオートマか。そんな議論をしているうちに完全自動運転車があたりまえになるかもしれませんけどね。

車はマニュアル?オートマ?それぞれのメリットや特徴

車はマニュアル車とオートマ車があります。最近はオートマ車が主流にはなっていますが、マニュアル車もなくなったわけではありません。

マニュアル車は正式名「マニュアル・トランスミッション(MT)」車と言い、運転者がシフトレバーを用いて主導で車のギアを変更します。
その際はクラッチペダルも操作しなければなりません。

走行に応じて適切なギア選択をしなければならず、「半クラッチ」操作など操縦が複雑でコツが必要になります。
クラッチ操作やギア操作がうまくできないと、エンストしてしまうのです。

面倒な操作が多い反面、人によっては「車を運転している」感覚を存分に味わうことができると考える人も多く、運転好きな人はオートマよりもマニュアルを選ぶ傾向にあります。
以前はマニュアル車の方が燃費が良いとされていましたが、今はオートマ車の方が技術も進み優秀です。

どんどん技術開発が進むオートマ車は、「オートマチック・トランスミッション(AT)」を略したものです。
クラッチペダルはなく全て走行に合わせて自動的にギアチェンジされます。女性が運転しやすい点が大きく、免許取得も楽になりました。

マニュアル車に乗るメリットは誤発進などの抑制に加え資格として有利

たびたびニュースでも取り上げられて問題となっているのが、ブレーキとアクセルの踏み間違え事故です。

こういった事故のほとんどがオートマ車によるものです。

オートマ車を発信する際に、アクセルとフレーキを踏み間違えて急発進してしまい、コンビニなどの建物に突っ込んでしまうのです。
アクセルを踏むだけで車が発進するオートマ車の特徴が仇となっているのです。

オートマと違いマニュアルは、アクセルとクラッチ操作を同時にしなければならないので、踏み間違えることは殆どありません。
もし踏み間違っても、エンストする可能性の方が高く、事故に繋がることも低いのです。

また、商用車の場合、まだまだマニュアル車のことも多いので、就職や転職の際に有効に働くこともあります。採用基準になることだってあるのです。

マニュアル車を運転する男性って、なぜか器用で男らしく見えるから不思議です。デートでマニュアル車を上手く運転する姿を見せれば、モテる可能性もあります。
逆に女性がマニュアル車を運転すると、男らしいイメージを感じてしまうようですが、そんな女性に魅力を感じる男性が多いのも事実です。

欧州では今でもマニュアル車が人気。その魅力とメリット

日本で教習所へ通って免許を取得する場合、かなりの時間とお金を要します。
合格点を取らないと卒業することもできないので、落ちる分だけ時間もお金もどんどん増していくことになります。
マニュアル車のクラッチ操作に戸惑うくらいなら、オートマ車を選択して早く卒業を目指す方が確かに理にかなってはいます。
店頭にはオートマ車がたくさん並んでいますし、たとえ男性でマニュアル車が運転できなくてもバカにされることはありません。

しかしマニュアル車には先ほども述べたとおりメリットはいくつかあります。
踏み間違え事故や商用車に乗れるのはもちろん、マニュアル車の免許があれば、マニュアルとオートマ両方乗ることができるのです。

また、一概には言えませんが、マニュアルはオートマよりも基本的に安いのです。

両手両足を使ってマニュアル車を運転するので、運転する楽しさを存分に味わうこともできます。これも日本ではなく欧州で指示される点でもあります。

マニュアル車のメリットとデメリットを整理してみる

一般的に操作が難しいとされているマニュアル車ですが、たくさんのメリットもあるということがよくお分かりいただけたのではないでしょうか。

走行状況やエンジンの回転数に合わせ、運転者自身がギア操作を調整して走行する運転の楽しさや、運転技術によっては、燃費も良くなると言われています。

オートマはどんな時でも1速から発進しますが、マニュアルは2速発進もできます。回転数を抑えることで燃費も上昇、雪道で多い急発進のスリップも防止できます。

マニュアルの運転はある程度の慣れとコツが必要になりますが、一度慣れてしまえば、オートマでは味わえない運転の楽しさを体感できます。
特にスポーツタイプの車が好きな人は自分の間隔と合ったフィーリングを重視しているため、これからもマニュアルのニーズがなくることはないといえます。

初心者の人がマニュアル車を運転すると、乗り始めがとても難しく感じるため、その後進んで乗りたくなくなります。エンストの恐怖心がぬぐえないのも事実です。
特に渋滞中や坂道発進のエンストは恐怖なので、そういった面で言えばデメリットになるでしょう。

マニュアル車は燃費が良いという常識が覆されつつある

マニュアル車が主流でオートマ車が出始めの頃など、マニュアル車の方が燃費が良いのは常識でした。
実際のカタログでも、マニュアル車の方が燃費が良いのがほとんどです。マニュアル車の方が、運転者自身で運転回数を維持しやすいという点も影響しています。

ただ最近は技術開発も進んだことから、先ほどから言っているように、必ずしもマニュアル車の方が燃費が良いとは言えなくなっているのが現状です。
新型アコードを例にすれば、FFセダン車では世界発の10速オートマを採用しているくらいです。

同じ段数であれば、運転者の技術によっては、マニュアル車よfりも高燃費で走行することが可能になるのです。

開発技術の進歩はどんどん進んでいるので、近い将来そんなレベル以上に、燃費面ではマニュアル車を超す日も近いといえます。

これからよりエンジンの美味しいところを集約した、ニュータイプの車がお目見えするかもしれません。

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 生活・暮らし