コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

夢が怖い!怖い夢を見るから寝れない時の対処法について

2018.3.8

『夢』
楽しい夢なら大歓迎ですが、怖い夢なら目覚めは最悪。
怖い夢を見続けると、なんだか緊張してしまって布団に入っても寝れない状態が続き、悪循環を引き起こしてしまうことも…。

怖い夢を見てしまうのは、身体的な問題や、精神的な問題が影響してくると言われています。

ですが、所詮夢。
現実ではありません。

夢って、忘れるようにできているんですって。
怖い夢や、イヤな夢を見てしまっても、気にしないことが一番です。

怖い夢を見たら「ストレス溜まっているんだ!」と思って楽しいことをしてみましょう!

怖い夢を見ない工夫と対処法をまとめてみました。

怖い夢を見てしまうから寝れない!どうして怖い夢をみてしまうの?

不眠の原因は夢?怖い夢を見たくなくてなかなか眠れない時は、もしかしたら寝る時の姿勢や環境も影響しているかもしれません。

寝ると時の姿勢でうつ伏せ寝をしている場合や、狭い空間で寝返りが自由に打てない環境の時は、呼吸がしづらく酸欠に近い状態になることがあるので、実は眠る時の環境はとても大切なんです。

眠る時の姿勢が悪いと良い睡眠がとれるとはいいがたいですよね。悪夢を見ても仕方がない環境なのです。

寝ている時に充分に体を動かすことができることも、安眠には必要な事なので眠る場所の環境を今一度見直してみましょう。

また怖い夢を見ることはストレスの表れでもあります。知らず知らず精神的にストレスを感じていると悪夢として現れます。

人間は起きている時に感じた事や経験したことが夢に影響します。
私自身もねる直前に見た俳優さんが夢に出てくるなんてことがよくあります。
いい夢の場合は大歓迎ですが、そうでない場合は悪夢を見ないためにストレス解消できることに打ち込んでみるのも良いでしょう。

きっと効果はあるはずです。

夢を見る。怖い夢を見る。寝れない。そもそもどうして夢って見るの?

夢は人間だけが見るものではありません。

私は犬を飼っていますが、眠りが深い時はとても大きな寝息をたてますし、時々寝ながら「ワン!」と声を出したリ、足が走っている様に動き出すことがあります。

それを見て犬も夢を見ているんだなあと微笑ましく感じました。
遠出した時など、夜はぐっすり眠るのできっと疲れを感じている時に夢を見るのだと思います。

睡眠には”レム睡眠”と”ノンレム睡眠”があることは有名な事ですよね。レム睡眠時には脳が活発に活動しています。

体は寝ているけれど脳が起きている状態で眠りが浅いです。このレム睡眠の間に脳では記憶の整理や起こったことの整理などをして必死に働いています。

大人になるとレム睡眠の割合が少なくなるので、実際は大人よりも子供の方がいろいろな夢を見ているのです。

夢が怖い!寝れないと悩んでいるなら、『寝相』と『食事』に気を付けて!

眠る時、私は必ず左を下にして横向きに寝ないと寝付けない体質でした。
ですが毎日のように夢を見て朝起きてもすっきりしないですし、いびきがひどいと家族に言われました。

まったく寝返りをしない日もあって、朝起きると左半身がしびれていることもあり姿勢が悪いのだろうなと気づきました。

調べるとやはり寝るときはまっすぐ上を向いて寝るのが何よりも良いとの事。
横向きに寝ることで肺や心臓が圧迫され脳や体に十分な酸素が供給できていないという事が分かりました。

そこでもう一つジャンクフードを避けると良いという情報を目にしました。
そういわれてみれば、私は食後に駄菓子と紅茶を飲んでのんびりする事が日課になっていました。

まさか、この習慣が自分の悪夢を引き起こしていたのだとやっと気づいたのです。
それから今では、寝る前のジャンクフードと寝る姿勢は徹底的に気を付けています。

確かに嫌な夢は見なくなりましたし、朝のけだるさもかなり軽減されました。
改善して健康になったなと思います。

どんなに怖くても夢は所詮夢。忘れてしまいましょう!

もし怖い夢を見てしまったら、「なんであんな夢を?何かの暗示?」などネガティブな考えを起こしがちになるでしょう。」
でもこの怖い夢についていつまでも考えていることが一番よくないです。

怖い夢を見てしまった時は気持ちを切り替えいつまでもとらわれないようにしましょう。
怖い夢が現実世界に影響をおよぼすなんてことはありません。
ストレスが悪夢になって表れただけなので悪夢を見た時はリフレッシュするよう過ごしましょう。

人間は一晩に何度も夢を見ています。ですから朝起きて今日は夢を見なかったと思っていても、覚えていないだけなのです。平均で一日に4~5回夢を見ているそうですよ。そんなに?と思いますよね。

朝目が覚めると夢は自然と忘れていきますが、怖い夢を見た時はその夢の事を思い出してしまう事で記憶に定着します。

気になるから、衝撃的だったから夢の事を考えてしまうからです。

ですから深く考えないことも大事なのです。そうすれば自然と忘れることができます。

寝る前にリラックスしよう!

私が悪夢続きで寝不足になったときに一番効果があったのはストレッチです。

これは安眠に効いた本当の話です。

私はもともと体も硬く血のめぐりも悪かったのでしょう。少しストレッチをするだけで全身があったまる感じがしました。

少しでも良いです。寝る前ほんの10分、体を伸ばしたリ腹筋をしたりスクワットをしたりして深呼吸します。

毎日少しずつ続けていく事で体も以前より柔らかくなりました。
今では本当によるぐっすり眠ることができています。

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 生活・暮らし