コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

一人暮らし同士が結婚する場合、家具は買い替えるのかを調査!

2017.12.30

結婚をしてパートナーと一緒の生活を始める場合、一人暮らしで使っていた家具をそのまま使うのか、新しいものを買うべきなのか迷いますよね。

家具を新調する場合には、使用済みの家具はリサイクルショップへ持って行って、少しでもお金の足しにすることをおすすめします!

新婚生活を始める場合に、知っておきたい情報をお届けします。

結婚する場合、お互い一人暮らしで使っていた家具をまずは確認しよう

一人暮らし同士が結婚する場合、今まで使っていた家具はどうするのでしょうか?

そこでまずやって欲しいのが、お互いの持っている家具のリストを作るということです。そして現物を見ながら必要なのか、いらないのかを判断していきます。

「これは二人で使うには小さいから、大きいのに買い換えた方がいいかもね!家にお客さんが来ることもあるだろうし。」

「一人暮らしを始めた時から使ってるなら、結構古いよね。この機会に新しいのに買い換えてもいいかもね!」

なんて話をしながら、今後も使うもの、いらないものを確認していきましょう。

いらないと判断したものでもまだ使えそうなものであれば、リサイクルショップへ持って行くのも良いかもしれません。もう使えなさそうであれば、粗大ゴミとして捨てて下さい。

ゴミ出しの方法に関してはその市町村によってもルールが異なるので、きちんと確認してから出してくださいね。もしかすると、収集日が何週間も先になってしまうという可能性もあります。そんなことにならない為にも、ゴミ出しの日に合わせて引っ越し日も検討してみると良いかもしれません。

一人暮らしで使っていた家具は、結婚を機にリサイクルショップで売ろう!

いらない家具は捨てる前に、まだ使えそうなものであればリサイクルショップへ持って行ってみてください。意外にお金になるものですよ。一人暮らしをしていた期間がそんなに長くもなく、家電も比較的綺麗なものが多い場合は持っていきましょう。買って5年以内のものであればまだ価値があるので、結構値段もつくんですよ。

ゴミを捨てるにもお金がかかるのですから、リサイクル出来るのであれば買い取ってもらった方が絶対お得です!あとは、欲しいという人がいれば知り合いにあげるのも良いかもしれません。

ちなみに我が家で新しく買ったものは、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、カーテン、テーブル、ベッドです。レンジとテレビはそのまま使っています。

この機会にと、新しく買い換えたものが多かったですね。でも冷蔵庫や洗濯機は、子供が出来てから買い替えを検討してみるのも良いかもしれません。

あと、お布団なんかは誰かが泊まりに来た時に使えるものなので、3組くらいは残しています。

一人暮らしから結婚で同居へ!家具や家電を買う前にやるべきこと

家具や家電をお店に見に行って気に入ったものを衝動的に買ってしまうと、「あれ?サイズが合わない・・・」なんてことになりかねません。家具や家電は安い買い物ではありませんので、購入前にしっかりと計画を立てておくことが大切です。

  • それぞれどんな家具や家電を持っているのかをピックアップし、引き続き使うのはどれか、何を新しく購入するのかを確認しましょう。
  • お互いどんな家にしたいのかを話し合って、部屋のイメージを膨らませていってください。
  • 家具や家電を買う予算を決めておきましょう。
  • 新居の間取り図を用意しておいてください。サイズが入ったものの方が便利です。
  • 部屋の各部分のサイズを測っておきましょう。(出入り口の幅や高さ、天井の高さ、壁の幅などです。搬入時のことも考えて、玄関や廊下のサイズも測っておくと良いでしょう。)
  • コンセントや電話アダプターの位置を把握しておいてください。
  • 家具をどこに配置するのかを考えておきましょう。間取り図に書き込んでおけば、搬入する際もとても便利です。

新婚生活で必要な家具とはどんなもの?

新婚生活をする際は、新しく家具や家電を購入する必要があります。具体的にどのようなものが必要になるのでしょうか。

家具では、カーテン、収納ケース、ベッドや布団など、食器棚、テーブルといったところです。カーテンや寝具類は必要不可欠なものとなります。

特にカーテンは、一人暮らしの時に使っていたものを使用しようと思っても、その家によってサイズが変わってくるものです。その為、新婚生活を始める時にはほとんどの夫婦がカーテンは新調しているみたいです。

収納家具に関しては、新居にどれだけ収納スペースがあるかによっても変わってきます。もし必要な場合でも、新婚時代にはあまり高価なものや大きなものは買わない傾向があるみたいです。

ソファやベッドに関しても必須と思う夫婦もいれば、部屋のスペースに応じて判断する人もいるようです。

次に、家電で必要なものといえば照明、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、電子レンジが必須になるでしょう。照明が備え付けされていない家も沢山あるので、購入品のリストに入れることを忘れずに。

エアコンに関しては、備え付けのところもあります。買ってしまった!なんてことが無いように、事前に確認しておきましょう。

新婚生活におすすめの間取りや、引っ越しのタイミングについて

2人で一緒に住む場合、どれくらいの広さの家が妥当なのでしょうか?

おすすめは1LDK~2LDKです。すぐに子供が欲しいということであれば2LDKが良いですが、しばらくは2人の生活を楽しむ予定であれば1LDKで良いと思います。

家賃に関しては地域によっても大きく差がありますが、5~10万円くらいが相場でしょう。目安としては「年収×0.25=年間家賃の総額」といった感じです。これを参考にして物件選びをすると良いかもしれません。

また、引っ越しの時期はいつ頃が良いのでしょうか?それぞれのカップルによって、入籍や結婚式の時期は様々かと思いますが、おすすめは「入籍後1ヶ月以内」です。

しかし「結婚式をする前に一緒に住むなんて!」というご両親もいるかもしれません。そこはご両家とも話し合ったうえで決めるのが一番良いでしょう。

物件を選ぶ際は、1~3月がおすすめです。この時期は転居などで空室が増えるので、いい部屋に巡り会えるかもしれませんよ!

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 生活・暮らし