コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

朝のカラオケで声が出ない!?原因と対処法がわかれば大丈夫

2018.1.17

朝のカラオケ、流行ってますよね~。でも朝カラの問題は声が出づらい事!

実はただ声が出づらいだけでなく、ちゃんとした原因があったんですよ。

声が出づらい原因がわかれば、おのずと解決方法も見出せます。

また緊張が原因で声が出ないなんて事もあります。歌い始めは自分の得意な曲や簡単な曲から始めてみましょう。

朝カラオケで声が出ない、その原因について

声帯は体の筋肉と同じです。
朝、目覚めてすぐには声帯が上手く動かずないため、声が出しにくいのです。

体を動かす筋肉は、自分で体を動かしたいから動かしていると捉えられがちですが、実は筋肉を動かすには、脳からの命令があって動くのです。

筋肉を動かす一連の流れをご紹介します。
体を動かしたいという意思があると、脳が筋肉に命令を送ります。
その命令を受けて筋肉が収縮して体が動きます。
脳と体には密接な関わりがあり、体を動かすのが得意な人は脳を動かすのも上手いとも言われます。

しかし、朝の起き抜けの状態では脳もすぐには動けません。
脳が起きていないと体に上手く信号を送ることができないのです。

声帯も筋肉のこの流れと同じです。
声を出そうとする→脳が筋肉に命令を送る→筋肉によって声帯が動く。
声帯も運動と同じで寝起きの脳では上手く信号を送れません。
そのため、声帯も上手く動かずに声が上手く出せないのです。

朝のカラオケは声が出ない!そんな時は顔体操♪

朝起きてすぐに良い声が出ません。

声帯は起きてから6時間くらいたたないと良い声が出ないとも言われます。
ですので、朝は意識をして声を出すと言うのも良いでしょう。
声を出して声帯を起こすのです。

すぐに声帯を起こしたい時には、「顔起こし体操」というものがあります。

 

  1. 目をぎゅっと閉じて口も閉じましょう
  2. そのまま10秒キープします
  3. 目をゆっくりと開き、口も大きく開きましょう
  4. 「あーーーー」と声を出します

 

朝の声出しによって、声の調子は大きく違います。
カラオケに行く朝にはもちろん、カラオケがない日でも朝に声を出しておくと喉の調子が良くなるでしょう。

朝のカラオケでは、声を出す前に運動をしましょう

カラオケの前には、運動をするのもおすすめです。

ランニングなど、朝起きて一汗かくのも爽快です。
ランニングは、呼吸が一定のリズムで行われ呼吸器系の動きも活発にします。
普段は体をあまり動かさないと言う人でも少し走っておくと、息の使い方などが普段よりも良くなるかもしれません。

アーティストの中には、コンサート前にスポーツをして汗を流すという方もいるそうです。
コンサート前なので、軽くウォーミングアップする程度かと思いきや、ヘトヘトになるくらいに本気で楽しむようです。

これは極端な例ですが、歌の前の運動はやはり良い効果がありそうですね。

ただ、走った直後に歌うのはおすすめしません。
汗をかいた直後は、体内の水分も失われて、喉の水分も少ない状態です。
その状態でいきなり発声すると声帯にダメージを与えてしまうのです。

一番のおすすめは、汗をかいた後は水分補給をしてシャワーを浴びることです。
シャワーの湯気も声帯に潤いを与え、声を出しやすくしてくれます。

朝以外でもカラオケで声が出づらい事、あります

カラオケは、歌っているうちに声がよくでるようになると感じませんか?
みなさんがカラオケで声が出づらいと感じる時はどのような時でしょうか。

カラオケ好きな方に伺いました。

 

私はカラオケが大好きで、長い時には6時間くらい歌うこともあります。
最初はあまり声が出ずに、音域もせまいのですが、2時間くらい歌っていると調子が出てきます。
そこからが本調子になり盛り上がります。
声の伸びも良くなります。

いつもこのような感じなので、カラオケに行く前の車の中で思い切り歌うようにしてみました。
そしたら、カラオケで歌い出した時も、いつもよりも早めにエンジンが掛かりました。

 

また、声楽を専攻していた女性は次のように話します。

声帯も筋肉の一つです。
例えば、スポーツ選手がなんのストレッチもなしにいきなり代打に指名されるようなもの。
体も温まっていないのに、すぐに100%の力が出せるはずがありません。

この声を温める時間には個人差がありあます。
発声練習から始めるのが理想ですが、カラオケに行く前の家の中や車の中で歌っておくというのも良いでしょう。

また、冷たい飲み物は声帯を冷やしてしまうので、できればホットか常温の飲み物がおすすめです。

カラオケは最初に簡単な曲を入れる事が声をだすコツ

カラオケに行って、始めの1~2曲は自分の歌いやすい曲や得意な曲を入れると良いでしょう。

始めは声が上手く出ないのが普通ですから、始めから難易度の高い曲を選ぶのはおすすめできません。
自分でも今日は上手く歌えないと思ってしまうと、テンションも下がってしまいますよね。
前半は得意な曲で喉を慣らし、徐々に難しい曲や高音域の曲を選ぶなどすると失敗が少ないと思います。

カラオケはストレス解消にも効果的です。
日頃のストレスを忘れて楽しく歌って下さい。

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 生活・暮らし