コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

トレーニング用のフラットベンチを代用できないか考察してみた

2018.4.19

多くの筋トレ愛好家は、自宅でのトレーニングにフラットベンチは必須!とう意見のようです。

しかし、それなりの値段だし購入してもそれほど使わなかったら…。それよりも、買っても結構邪魔になるのでは?と考えて手を出しにくい人もいるはず。

では、もっと手軽に、安く代用できるものはないのでしょうか?フラットベンチの代用品について考えてみましょう。

トレーニング用ベンチの代用にはキャンプ用ベンチ?耐荷重に注意を

トレーニングベンチの代用品を探すなら、折り畳みができるキャンプ用のベンチがおすすめです。

キャンプ用品は収納時に邪魔にならないのが魅力で、作りもシンプルなものが多いので手軽にパッと広げて使う事ができるでしょう。

使わない時はしまって置ける、これは意外と重要なポイントでもあるのです。
キャンプ用のベンチですと、生地が薄かったりして耐荷重がないと思われがちですが、意外と150キロくらいまでは大丈夫など頑丈な面もあります。

成人男性の体重が65キロだとしてもかなり余裕があるので、片側30キロくらいまでのダンベルなら耐えることも充分にできるでしょう。

キャンプ用のベンチは筋トレ用のフラットベンチを買うよりも、おそらく安く購入する事ができると思います。

ただ、デメリットとしては安定感に不安がある、体が痛いなどもありますので、ご自分の筋トレ方法に合うのかはやってみないとわからないと言ったところです。

トレーニングベンチの代用としてよく使われるのはバランスボール

トレーニングに使うなら座面が平らな椅子を探しましょう。ただ平らなだけのように感じますが、背中の部分が平らなだけでトレーニングは効果的に行えますし、正しい筋肉を鍛える事ができます。

平らなら床でも良いのではとも思いますが、床からの高さがあることで体を動かせる範囲も広がります。

ただトレーニング用のベンチはあると便利ですが、使わない時はただそこに置いておくだけなのではっきり言って邪魔に感じることもあります。

そこでトレーニングベンチの代わりとして試してもらいたいのが、バランスボールです。
バランスボールは購入してもベンチよりも安いですし、軽くて移動も簡単です。

筋トレを始めようと気合を入れてベンチを購入しても自分の中の筋トレブームが過ぎ去り、トレーニングベンチがただの物置と化すこともあるかもしれません。ですがバランスボールなら気軽に椅子として鍛えながら座ることもできるので、すべてアイテムを揃える前に試してみるのも良いでしょう。

バランスボールは耐荷重が100キロ程度ですから、軽めのダンベルなどで筋トレを行うようにしましょう。

トレーニングベンチを別の物で代用する場合の耐荷重設定の注意

耐荷重を考えた時、自分の体重だけではなく使うダンベルやバーベルの重さも加算して、ベンチを選ぶようにしてくださいね。

自分の体重が60キロで、左右合わせて60キロのダンベル(バーベル)をつけると100キロ近くの耐荷重があるものでなければ危険です。

そしてトレーニングに勢いをつけて行う人はベンチにも負荷がかかるので、もっと耐荷重に余裕があるものの方が安心です。

毎日必ず数時間自宅で筋トレを行うという人ならベンチを常設して良いでしょうが、たまに使いたいという人にとっては使いたい時だけ出せるベンチが便利ですよね。

その場合多少耐荷重は下がりますが、折り畳み式のベンチを用意すると、生活スペースの邪魔にもならないのでお勧めです。

そもそもなぜトレーニングにはフラットベンチが必要か

トレーニングベンチで何をするのかというと、それは主にダンベルベンチプレスという筋トレでしょう。

このトレーニングは床と平行に寝転がり、思いダンベルを胸の位置から垂直に持ち上げる筋肉トレーニングです。

これをなぜベンチで行なうのかというと、ベンチで行なう事で正しい姿勢をとることができて、効果的なトレーニングができるからです。

ダンベルを持ち上げる時、本来は胸を張る様な体勢になり肘は下がりますがこれを床で行なうと、胸は張れずに肘も床に接触してしまい、良い運動ができないのです。

無理に床で行なう事で、体を傷めてしまったり効果が出なかったりと問題も起きることでしょう。

トレーニングベンチの代用品を家中で探してみた結果。

家の中でトレーニングベンチの代わりになるものがないのか探してみました!

私の家の場合、幸運にもダイニングテーブルには付属したクッション性のあるベンチがありこれでいけるという結論が出てしまったのですが、そうでない人の方が多数ですよね。

使っていない布団

来客用の使っていない布団を丸めて筒状にします。なかなか安定感もあり硬さも丁度良い印象です。

ストレッチポール

体が伸びて気持ちが良いです。足でバランスを取りながら軽いダンベルなら良い運動になると思います。

段ボール

ガムテープで補強した段ボール。何枚も重ねればかなりの強度が期待できそうです。
手先が器用な人なら自分に合った大きさで重ねて作れます。

ソファーの背もたれ

ソファーの背もたれの上の部分が固めのソファーなら、横になって筋トレするのにちょうど良い場所です。

固めの座布団を畳む

できれば厚みのある座布団を二つに折って、その上に背中を乗せてダンベルを使います。
胸を張ることはできますが、正直もう少し高さが欲しいのが本音。

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 生活・暮らし