コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

結婚式を親族のみで行う場合の受付について調べてみました

2018.4.22

最近は結婚式や披露宴にこだわらず、少人数の結婚式で親族のみの結婚式を行うケースも増えています。

少人数の結婚式を行う時に受付は必要なのでしょうか?また誰にお願いしたらいいのでしょうか?

また結婚したことをお互いの家族に報告する機会として「食事会」を行う場合もあるようです。

親族のみや少人数の結婚式のメリットを紹介します。

結婚式を親族のみで行う場合、受付は必要?

親族だけの結婚式に受付は必要なのか調べてみました。実際に親族のみの結婚式を挙げた人にどうしたのか聞いてみたところ、ほとんどの人は受付を設けたとの回答でした。

親族だけの結婚式では受付を誰にお願いしたらいいのでしょうか?これは、親戚付き合いの関係などもあるので、まずは両家の親に意見を聞いてみるのが良いと思います。

兄弟姉妹がいる場合は、弟、姉、妹にお願いしたという人がおおかったですが、なぜか兄にお願いしたという人はほとんどいませんでした。

一人っ子の場合は、従兄弟などにお願いするか、相手の兄弟姉妹に協力してもらう人が多かったです。

逆に、受付を設けなかった人はどうしたのかをご紹介します。

受付を設けない場合は、「親族控室に集合」にしておけば受付する必要がないとのことでした。ご祝儀などは両親に渡してもらうか事前に受け取るなどの方法になるようです。

結婚式を親族のみでやりますが、受付はどうしましたか?

<質問>

親族だけで結婚式を挙げる予定があります。結婚式の受付は兄弟にやってもらおうと思っているのですが、変ではないですか?

<解答>

  • 私も親族だけで結婚式をしました。その時は弟に受付を頼みました。親族だけの結婚式で自分の方の親戚の顔は分かっていますし、弟以外の親戚に頼むとしても人選が難しいので。
  • 親族のみの披露宴では妹に受付をお願いしました。兄弟が受付をやっても変ではないと思います。受付をやる人の条件など決まりはないのですから、誰がやっても大丈夫ですよ。
  • 少し友人も呼びましたが親族中心の結婚式をし、弟と友達に受付をお願いしました。友達だと親族の顔が分からず、控室への案内などに手間取ってしまうと思ったからです。スムーズに案内出来るように、招待者名簿も親族かそうじゃないか分かるように準備しました。

受付もいらない、親族のみの結婚式のメリット!

友達などを沢山呼んでワイワイと皆に祝福される結婚式も良いですが、親族や家族だけの少人数の結婚式にもメリットが沢山あります。

親族のみなら結婚式の準備が楽

なんといっても少人数の結婚式の方が準備が楽というのはメリットだと思います。少人数の結婚式では派手な演出や余興などをしなくても形になります。色々な準備の量も少ないので、結婚式準備が比較的楽に済ませられます。

親族のみの結婚式は家族との距離が近い

大人数の結婚式ではどうしても新郎新婦とゲストとの距離や一人一人との関わりが遠くなってしまいがちです。しかし、大人数の結婚式に比べると少人数の結婚式ではゲスト一人一人との時間を持つことが出来、テーブルの距離も近くなります。

誰よりも晴れの姿を見て欲しい両親にしっかり見てもらう事が出来ます。

プレゼント選びやこだわりのポイントに時間を掛けられる

結婚準備が楽なので、大人数の結婚式に比べると時間的に余裕があります。ゲストに渡すプレゼントや引き出物をじっくり選んだり、こだわりたいポイントに時間をかけることが可能です。

結婚式を親族のみの食事会で済ませたい場合

親族だけの少人数で結婚式を行う場合、「披露宴」ではなく「お食事会」にするケースも多いです。しかし、披露宴とお食事会では何が違うのでしょうか?お食事会はただ両家の親族とご飯を食べるだけになってしまうのでしょうか?結婚式のお食事会についてご紹介します。

お食事会といっても、新郎新婦をお披露目する場なので、ホテル、レストラン、料亭など少しかしこまった場の個室で行うのが一般的です。場所は招待する人数によって決めましょう。

ホテルなどでは、挙式と食事会がセットになっているプランなどもあります。一般的な披露宴のような演出をしてくれるケースもあります。

お食事会と言っても、ただ食事をするだけでなく自分たちの希望に合った内容はどんなものか考え、親や担当者と話し合って決めるのがおすすめです。

親族だけの食事会の場合は、親族への報告と親族同士の親睦がメインの目的です。そのため、何の演出もないと本当にただの食事会になってしまいます。

  • 新郎新婦から結婚の挨拶
  • ウェディングケーキ
  • シェフによる料理のパフォーマンス
  • 両親への手紙や花束贈呈
  • 感謝の挨拶

など、一般的な披露宴でも取り入れられていて、お食事会でも取り入れやすい内容で演出を構成すると思い出にもなりますし、メリハリが出て場が締まるのでおすすめです。

結婚式は親族のみなど、少人数ウエディングの割合は?

最近は結婚式を挙げないカップルが増えていますが、親族だけの結婚式をあげる人も増えていると言います。実際には、結婚式を挙げるカップルの約1/3が30名以下の小規模な結婚式を挙げています。

30名以下の小規模な結婚式を挙げる場合、招待するのは親族のみというケースが多いようです。実際、少人数の結婚式を挙げた人に招待人数が何人だったか聞いてみると、10名以下と答えた人が一番多く、次いで10~20名以下、20~30名以下の順でした。

10名以下の結婚式を挙げた人は、リゾートウエディングなどで海外で挙式をしたり、親兄弟のみ招待していて、10~20名以下の結婚式を挙げた人は、親兄弟に近しい親族も招待した場合で、20~30名以下の結婚式を挙げた人は親族と親友など本当に仲の良い友達数人を招いた場合でした。

小規模な結婚式を選んだ理由としては、親族のみの小規模でアットホームな結婚式にしたかったという意見や、両親に感謝の気持ちを伝える場にするなら小規模が良いと思ったからなどの意見が多かったです。

また、親の意見を尊重して結婚式をすることにしたが、元々結婚式を挙げるつもりはなかったので少人数で十分という意見もありました。

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 雑学・教養