コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

保育園の慣らし保育中に熱が出たら?対処方法をご紹介

2018.5.6

保育園に通わせる前にある慣らし保育ですが、このときは熱が出やすいってホント?

お母さんも子どもも、慣れようと一生懸命だけれども体調を崩してしまうのは仕方ないですよね。

先輩ママはどのように対応をしているのでしょうか?あせらずにこのような対応を取るといいようです。なるべく早く熱が下がるようにあせらないことが大切です。

保育園の慣らし保育中に熱を出してしまったときはどうしたらいい?

子供を保育園に通わせるための慣らし保育。

しかし、その慣らし保育で子供が熱を出してしまうこともあるでしょう。

そんな時は、無理に登園をさせるのはやめましょう。

もちろん、仕事に復帰するためにも、子供が少しでもはやく保育園に慣れて欲しいですよね。

でも、例え微熱だからと保育園に預けたところで、弱った体の子供を保育園に行かせてしまうのは危険です。

無理をさせたことで、逆に別の病気をもらってきたりと、長引いてしまうことも考えられるのです。

ですから、いくら元気でも微熱があるのであれば、保育園を休ませましょう。

仕事の復帰を考えると焦ってしまう気持ちもわかります。

ですが、焦れば焦るほど、子供の熱は長引くと思うといいでしょう。

なので、そんな焦ったときこそ、冷静に子供の観察をするようにしましょうね。

無理に登園させたことで、慣らし保育が終わった後でも、しばらく風邪が長引くなんてこともあるので気を付けましょう。

保育園の慣らし保育で熱!なかなか進まないときは?

保育園の慣らし保育中に何度も熱が出て、慣らし保育がなかなか進まないということもありえますよね。

登園できた日数が少なかったり、途中で迎えに行って帰ってくるので、お昼寝やおやつをまだ経験したことがないなんてこともあるでしょう。

子供の熱や風邪がなかなか治らなくて、慣らし保育が進まないと、どうしてもお母さんは焦ってしまいます。

でも、保育園に行けるようになっても、いろんな子供と関わることで病気をすることはしょっちゅうですよ。

もし、甘えられるのであれば、保育園の他に家族や親の助けがあるととても助かります。

仕事と子育てを両立するなかで、これは特に有難いものなのです。

保育園に行けなくても預けられるところがあるだけで、仕事には行けるので少し気持ちの焦りは落ち着きますよね。

保育園の慣らし保育は熱が出ることも予想しておこう!

保育園の慣らし保育では、子供が体調を崩すこともあることを頭に入れておきましょう。

特に、保育園に入ると子供はよく体調を崩すと言われています。

逆に慣らし保育のときに、子供が体調を崩したときは発想を変えてみてはいかがでしょうか。

保育園に入ってから、子供の急な病気に対処する練習ができると思うのもいいかもしれませんね。

そんな時のために、慣らし保育期間中に病児保育やファミリーサポートの登録をしておくのもいいでしょう。

また、子供の急な病気の時には実家に子供を預けると考えているのであれば、今からそれに慣れてもらうのもいいかもしれませんよ。

必要な物などを確認しておきましょう。

慣らし保育がはじまってから急に夜泣きをするという子供もいます。

慣れない保育園で刺激を受けたり興奮をしている可能性があるでしょう。

そんなときは、ゆっくりと布団の中で絵本の読み聞かせなどをして気持ちを落ち着かせてあげましょう。

保育園から熱が出たと連絡が来たときの対応方法

では、仕事中に保育園から子供が熱が出たと連絡がきたときはどうしたらいいのでしょうか?

そのためにも、家族の保険証と医療証のコピーをいつでも手帳に入れておくといいでしょう。

これで、もし保育園から呼び出しがあっても、子供を迎えに行って、すぐに病院に行くことができますよ。

迎えに行く電車の中ででも、旦那さんや祖父母などに状況をメールしておきましょう。

できるのであれば翌日のお願いをしておくのもいいでしょう。

また、職場の上司にもこまめに連絡をしておくのも大切です。

翌日、欠勤しなければならないかもしれない場合は、仕事の引継ぎなども連絡しておきましょう。

保育園の帰りにすぐ寄れる小児科を見つけておくのもいいですね。

そうすれば、保育園に迎えに行った帰りにすぐに病院に行くことができます。

このように、仕事中に保育園から子供が熱が出たと連絡がきたときのためにも、いくつか対処法を考えておくと慌てないですよ。

保育園は熱が何度でたら帰される?

保育園は熱が何度でたら帰されるのでしょうか?

基本的には、小児の体温とは37℃前後が平均と言われています。

ですから、37.5℃以上ある子供は保育園では預からないようになっているそうです。

また、保育中に子供の発熱があった場合は、親に連絡して迎えに来てもらうという決まりになっています。

中には平熱が高い子供もいますが、一般的には37.5℃以上の場合は保育園から連絡が来るでしょう。

ただ、熱があっても元気に動き回っていることもありますよね。

そんな時は、しばらく家で様子を見てあげてもいいでしょう。

逆に、元気がなく、水分もあまりとれない場合は、すぐに病院へ行くようにしましょう。

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 学校・勉強