コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

卓球のコツはバックハンドにあり?バックハンドの基本とコツ

2018.7.3

卓球が上手になる為には、バックハンドの上達がそのカギを握っていると言っても過言ではありません。

ではそのバックハンドのコツとは?まずは基本をしっかりと憶える事から始めましょう。
もちろん初心者必見の基本のコツもあります。また少し上達して来たら抑えておきたいポイントやコツについても調べてみました。ぜひ参考にして見て下さいね。

初心者必見!卓球のバックハンドのコツ

卓球のバックハンドは難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。

バックハンドのコツ

ヒジを支点にスイングしてみよう!

手首を使いすぎたり、スイングしても手首を支点にしている場合があります。

手首を支点にすると、ラケットの向きがブレやすくなります。
ラケットの角度は重要なのですが、調節が難しくなります。

そこでヒジを支点にすることで、ブレが少なくなります。
相手のコースに球を打ち返しやすくなり、見た目のスイングもよくなります。

ヒジを支点にするやり方を覚えてから、手首のスナップを利かせた打ち方を覚えても遅くはないのです。

体の真正面で打つことを心がけること!

必ず体の真正面で打ちましょう。
初心者に方でよくみかけるのが、体の脇や横のあたりで打っている場面です。

この打ち方では、バックハンドは不安定です。上級者の場合はそんなこともありませんが、体の真正面で打つということを気をつけて打ってみましょう。

卓球のバックハンドを上達させるためのコツ

バックハンドは卓球の基本

難しいバックハンドは「リラックス」して打つといいといいます。

まずはリラックスした状態で、力を入れすぎないことがポイントです。

打ってくる球の質を瞬発的に判断して、ラケットに当たるインパクトの角度を考えます。
インパクトを調節するのは難しく、実際のところ上級者レベルのスキルが必要です。

バックハンドが苦手という意識は、リラックスすることで多少薄らぐでしょう。

それだけで上達につながるかもしれません。

またバックハンドのときにどんなミスをしてしまうのかなど、日頃から考えてチェックしておきましょう。

書き出しておくのも良い方法

バックハンドがネットによくひっかかるという人もいますね。
その場合の原因は、振り抜きが足りない場合や、返球の力が足りないことが挙げられます。
反対によくコートを超えてしまう人は、ラケットのおさえが出来ていないのでしょう。

卓球でバックハンドは必要不可欠!コツは練習あるのみ

練習メニューを紹介

バックにボールを出してもらい、角度をあわせてバックハンドで打ち返します。

ミスなく連続して返せるように練習してください。
このときのラケットは、ヘッドはあまり立てないように注意しましょう。
何度も入るようにまでなったら、コースを変えて見たり、打つ強さも変えて打ってみましょう。

次に、1球練習をしましょう。

2人でラリーを続けますが、目標回数は100回に設定しましょう。

二人で行うので、お互いにミスしないように集中することがとても大事です。

お互い慣れて来たら、スピードをあげていきます。
ラリーが100回以上続くようなら、実際の試合でもミスは減るでしょう。

試合の前には、「イメージトレーニング」をすることも大事ですよ!

基本の2つのバックハンドとは

バックハンドの「プッシュ」、「ドライブ」とは?

プッシュ

プッシュなので押します。
この時、ラケットのボールをしっかりと当てて押し出すように返します。
スウィングは、真っ直ぐよりもやや上向けです。
卓球台とラケットは、台に対して80度くらいの角度にして打ち返します。

ドライブ

ドライブ回転を使います。
ドライブとは、球の斜め後ろのあたりを擦るように打つ打ち方です。
擦りすぎると、球が前に飛んでいかない、スピードが遅いなどとなってしまいます。

ドライブ回転は難しいイメージがありますが、覚えてしまえば安定して返球することが出来ます。

基本のバックハンドが出来たら使い分けをしよう!

  • 練習して、バックハンドドライブが打てるようになったら次のステージです。
    決めるバックハンドドライブ
  • つなぐバックハンドドライブ
    の使い分けが出来るといいでしょう。

打ち方の違い

「つなぎのバックハンドドライブ」
まずは回転をかける感覚を大事にします。

反対に「決めるバックハンドドライブ」は、球を弾く感覚を大事にします。

バックハンドドライブに回転をかける場合は・・・?

ラケットのヘッドが下になるように、手首を曲げます。
このとき円をかくようなイメージです。

弾く感覚のバックハンドドライブの場合は・・・?

ラケットのヘッドが自分の方を向くように打ちます。
手首を内側に折りこむような感じです。

決めるバックハンドドライブ・つなぐバックハンドドライブを上手くつかいこなすことが出来るとバックハンドでの安定に繋がり、さらに攻撃へとつながっていきます。

バックハンドは難しいですが、練習することできっと上達します!
何度も練習して是非コツとつかんでくださいね!

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 生活・暮らし