コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

フードについているファーの洗い方やお手入れ方法について

2018.6.13

フードにファーがついているコートやジャケットって多いですよね。コートは自宅で洗える場合、ファーはどうしたらよいのでしょうか?洗い方は?

そもそも洗ってもいいのかどうかが気になるところですよね。

そこでフードについているファーのお手入れ方法について調べてみました。洗い方や洗えない場合のお手入れ、フードが外せない場合についてもご紹介いたします。

フードにファーがついている場合のダウンの洗い方は?

フードにファーがついているダウンを洗う場合、そのファーが取り外しできるかどうかを確認してみましょう。もし取り外しできるのであれば、洗う前に取り外します。

もし取り外しできない場合は、水に濡れないようにして洗わなくてはいけません。リアルファーの場合は、水洗いすることによって品質が変わってしまう可能性があります。またフェイクファーの場合でも、水洗いできるものとできないものがあるので必ずチェックするようにしましょう。

ダウンの襟元と袖口は汚れやすくなっています。そのため、おしゃれ着用の中性洗剤をブラシやスポンジにつけて丁寧に洗うようにしましょう。

それが終わったら、たらいや洗濯漕に浸した水にダウンを入れて押し洗いします。柔軟剤を少し入れると、仕上げがやわらかくなります。

すすぎは、水が透明になるまで行います。そしてその後脱水しましょう。

この時、脱水しすぎないように気をつけます。30秒程度にしておきましょう。

干す時は平らな場所え陰干しします。完全に乾くまで1週間くらいかかるかもしれませんが、中までしっかりと乾いてから収納するようにしましょう。乾いていないとカビが生えてしまうことがあります。

取り外したフードのフェイクファーの洗い方

取り外しができるフードのフェイクファーは、シャンプーとリンスを使って洗ってみましょう。その方が柔らかい仕上がりになります。

まずフェイクファーの毛並みに沿って、洋服ブラシ(なければヘアブラシ)を使って汚れを落としましょう。

洗濯液はシャンプーで作ります。ぬるま湯を約2L用意して、大豆一粒程くらいのシャンプーを入れてよくかき混ぜましょう。その中にフェイクファーを入れて2~3分くらい手でゆっくりとやさしくかき混ぜるようにして下さい。

汚れた洗濯液を捨て、ぬるま湯を入れます。そして2~3回水を替えながらすすぎましょう。その後軽く絞ります。

再度ぬるま湯を約2L用意して、大豆一粒程くらいのリンスを入れてよくかき混ぜます。その中にフェイクファーを入れて2~3分浸け置きします。

リンスの入ったぬるま湯を捨て、またぬるま湯を入れます。その後1~2分軽く振ってすすぎましょう。シャワーのぬるま湯をかけても問題ありません。

最後に軽く絞ってタオルドライをします。

フードについているのがリアルファーなら洗い方は?

リアルファーであれば、自分で水洗いをすることはできません。そのため、着用後にお手入れするようにした方がよいでしょう。

着用後は毛並みに沿ってブラッシングするようにしましょう。えりや袖などにもリアルファーがついている場合は、乾いたガーゼなどを使って毛並みに沿ってふくようにします。
もし雨などで濡れてしまった場合は、タオルで水分をふき取りましょう。その後陰干しし、毛並みの方向にブラッシングしながら、低温でドライヤーをかけてあげましょう。そうするとフワッと仕上けることができます。

汗や皮脂の汚れがある場合や臭いがする場合は、おしゃれ着用洗剤を薄めてタオルにつけ、しっかりと絞ってから毛並みにそって拭くようにしましょう。終わったら反対方向からも拭きましょう。もう一度同じように拭いてあげた方が効果があります。

その後は風通しの良い場所で陰干しします。

フードのリアルファー、洗濯以外のお手入れ方法

フードのリアルファーのお手入れは、アイロンを使って行うこともできます。毛並みが寝てしまってボリュームがない状態のファーにはより効果的です。

まずアイロンを浮かせて、ファーにスチームを当てるようにしましょう。これだけでもフワッとした状態になります。除菌の効果もあるので、おすすめです。

ただ、この時直接ファーにアイロンがつかないように注意しましょう。

この方法はリアルファーの場合のみです。フェイクファーの場合は蒸気を当てることによって溶けてしまうので絶対にしないようにしましょう。

より簡単なお手入れ方法はブラッシングです。リアルファーのブラッシングには、天然の毛を使ったブラシを使うようにしましょう。

コツは、手早く行うこと!こするのではなく、表面を払うような感じで、最初は毛先に逆らうように、そして仕上げは毛先に沿ってブラッシングするようにしましょう。

取り外し不可なフードファーのお手入れ方法について

ファーは何回も洗う必要はありません。1シーズンに1回、春先くらいに洗うだけで問題ありません。

冬の間着用していると、中が蒸れるので何回も洗濯したくなるかもしれませんが、春の衣替えの時にだけすればよいのです。

そのため、日常のお手入れが大切です。先ほどご紹介したように、ブラッシングを欠かさないようにしましょう。

また、取り外し不可のフードファーの場合は、部分洗いをしてタオルドライをしてあげると良いでしょう。

ジャケットやコートが洗濯できるものであれば、そのまま洗っても問題ないでしょう。その場合はおしゃれ着洗剤を使うようにしましょう。

洗う時には優しく押し洗いしましょう。形を整え、中までしっかりと乾くように陰干しするのがポイントです。

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - ファッション