コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

猫が怖い人、必見!克服の仕方や恐怖心を取り除く方法

2018.6.25

最近はペットで人気が上がっているのが猫ちゃんですね!

ですが中には、猫が怖い、苦手という人もいます。
そこには鳴き声が気になる、家の家具が傷付く、犬のようになつかないなどなど色んな理由がありました。

また猫を飼いたくても家族に猫嫌いがいる、という場合もありますね。猫嫌いが克服できる?
そんなときの対処法を紹介します。

猫が怖い家族、克服して猫を飼うには?

猫が好きで家に迎えたいと思っているのに、家族が猫嫌いという事もあると思います。そんな時の解決策を考えてみましょう。

自分が好きだからといって了解を得ないまま飼い始めたりすると、家族とはいえトラブルが起こりかねません。なんとか説得し、了承を得てから飼うようにしましょう。

家族からの了承を取り付けたら、まずは猫の世話は家族を頼らず自分1人で行うようにする事が鉄則です。

猫が苦手な家族のことも考え、決めた部屋でしか遊ばせないこと、時間を区切ってケージに入れるなどのルールを決め、可能な限り猫をしつけることも大切です。

既婚男性で妻が猫に苦手意識がある場合、猫ばかりかまっていると奥さんの機嫌を損ね、ますます猫を嫌いになってしまう可能性があります。

猫を大切にする以上に、妻を大切にするくらいの気持ちを持って接しましょう。

同居する成人した子供が配偶者(嫁)を連れてきた場合、猫は可能な限り自分の部屋だけで飼うようにします。

お嫁さんが猫が苦手だという場合は、世話を頼まないことはもちろん、更なる気遣いが必要になります。

猫が怖い!猫の不思議を知ったら克服できるかも

猫は気分やで気まぐれ。その行動には謎もいっぱいです。

飼い主のいた場所を横取り

トイレなどで席を外して帰ってくると、さっきまで座っていた場所に猫が陣取っていることはよくあります。

お気に入りの場所を猫に取られてしまう経験は飼い主さんにとってはあるある話。

猫は飼い主の座っていた場所は「自分のもの」という認識なのだそうです。

つまり、横取りしているという気持ちではなく「もとから自分のもの」。

これでは飼い主も諦めるしかありません。

飼い主に「おんぶ」をおねだり

鳴き声を出しながら近づいてきて、抱っこやおんぶを要求する行動は飼い主を母猫のように慕っている印です。

「猫嫌いな人」が好き?

猫は「猫が好きな人」よりも「猫が嫌いな人」に対して愛想良く接することがあります。
これは飼い主からの愛情あるベタベタした行動はともかく、見ず知らずの人からのラブコールは苦手。

猫が嫌いで、猫に対して無関心な態度を取る人のほうが「良い人」と認識してしまうことがあるのです。

猫だって知らない人は怖い! 克服できる?

人が嫌いな猫を人懐こい猫にすることはできるでしょうか。

段階を踏んで慣れてもらえば、人間が好きになってくれる可能性はあると思います。

人間に慣れさせる方法

リードに慣れているならリードにつなぎ、無理ならケージに入れた状態で来客前にリビングなどにおいて置いておきます。

始めは猫が知っている人が客としてドアベルを鳴らし、リビングに入ってもらいましょう。

ドアベルが鳴って入ってくる人は、危険ではないと印象付けします。

少し慣れて来たら?

客の座る場所を少しずつ猫のケージに近づけていきます。ここではまだ猫に触れないようにします。

食事を控えて(最長12時間程度)空腹になったところで客におやつを与えてもらいます。いろいろな人からおやつをもらうことで、人に対する恐怖感を克服させます。

おやつをもらいながら、飼い主が抱いて客のほうに近づいてみます。逃げようとしたら無理強いはしません。

ここまでで大丈夫そうなら、客からなでてもらうなど触れ合うことを試しましょう。

ちなみに猫の目を見つめるのは「ケンカを売る」ことになるので、目を直視するのは避けるようにします。

猫がいやだと思う理由

猫嫌いを自称する人は、猫のこんなところが嫌いです。

臭いが嫌

猫の尿は独特な強い臭いを発します。これは、コーキシンというたんぱく質やフェリニンという物質が原因です。

この強い臭いは猫が嫌いという理由の大きな要因のひとつです。

爪で家が傷む

壁紙やカーテン、柱などが爪とぎの餌食になってボロボロになったという話は、猫を飼っている家ではありがちな話。

犬はある程度しつけることができますが、猫ではそうは行きません。これも猫が嫌いといわれる由縁です。

外出が多く汚れや害虫が気になる

家から自由に出入りさせている場合は、外を歩いた足でそのまま家の中に入って来てしまいます。

砂や泥だけでなく、ノミやダニなどの虫を持ち込むこともあります。

多くの猫は、水を嫌い身体を洗われることを嫌がるので不潔だと感じる人もいるのです。

猫が苦手な理由、猫の鳴き声が怖い

特に春、夜中に不気味なうなり声や人間のこどもが泣き叫ぶような猫の声が響くことがあります。

発情期で異性を誘う声や、メスを奪い合ってケンカするオス猫の声です。

また、室内飼いの猫もストレスが溜まると大きな鳴き声をあげることがあります。

猫好きにとっては「またやってるな」という程度の鳴き声も、猫が嫌いな人にとっては恐怖感を覚えるものなのです。

犬は飼い主に非常によく懐き、しつけをすればさまざまな命令をきいてくれます。

しかし、猫はいたってクール。濃密なコミュニケーション求める人にとっては、物足りなさを感じることでよう。

でも、そのクールさこそがネコの魅力でもあります。

それに、そっけなく見えても実は飼い主さんと2人きりになるとベタベタと甘える一面を見せる猫もいるんですよ。

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 生活・暮らし