コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

牧場の仕事は大変?牧場の仕事内容について紹介します

2018.6.28

牧場で住み込みなどの短期のバイトを考えている人も居ますよね。リゾート地のような自然豊かたな土地でかわいい動物に囲まれながら働けるので、いい思い出にもなります。

牧場の仕事が大変と言われている原因とは何があるのでしょう。

牧場の仕事や住み込みのメリット、デメリットについて調べてまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

牧場の仕事をしたい!大変と言われているけど本当?

 

大変だと感じる牧場の仕事とは?

まずは朝が早い!

牧場の仕事は大変!!というイメージがありますね。

飼育している動物や、酪農なのか、畜産なのか観光牧場なのかということで多少の違いはありますが、朝は早いことがいえます。

朝早くから作業をして、昼休み時間を長めに挟みます。

生き物を育てているので、その動物たちに合わせて勤務することが多いです。急な病気や怪我や出産などもあります。

牧場で働くバイトの一日の流れ

  • 朝5:00・・・牛舎の掃除。エサやり。搾乳(一回目)
  • 正午~15:00・・・長めの昼休み
  • 15:00・・・機械などのメンテナンス。飼料の配合調合。寝わらの準備。
  • 18:00~21:00・・・搾乳(二回目)。エサやり。

競走馬を扱う牧場や、生産牧場ではまた違います。

競走馬の調教や、放牧や運動などの作業があるためもっと早い時間から作業するところもあります。

作業は動物をあいてにするのですから、当然ニオイが付きます。また建物の中もフンのニオイが充満しています。
ニオイが苦手な人にはきついかもしれませんね。

牧場の仕事は本当に大変だった!体験談を紹介します

実際の体験談を紹介します。

牛の牧場でアルバイトをしていました。

そこできつい、汚い、臭いという「3K」を体験しました。

スローライフを想像していましたが、給料は安い、休日は少ない、加えて忙しいというのが現実でした!

牛はかわいいです!ですが、掃除の時など近くによるととても大きくて怖いです。

牛の搾乳の時に、背中を蹴られたことがあります。牛は蹴ってくるのです。また足はしょっちゅう踏まれます。

そして牛小屋はとてもニオイがきつい!
最初のころや、体長が悪いときは吐きそうになるほどです。強烈なニオイは髪の毛や衣服にも染み付きます。
そのまま近所にお出かけするのがためらわれます。牛は大量の水を飲みますが、そのせいなのか常に下痢状態です。
また当たり前ですがいつでもどこでも、排便をします
搾乳のときだってお構いないなのです。

悲しいのは彼氏にクサイ、と言われることです。

牧場のアルバイトの仕事は大変だったけど牛の面倒を見たい!

ある牧場で実際に働く女性のはなし

主な仕事の内容は、「牛のエサやりと牛舎の掃除」です。

この仕事の大変だと感じたのは体力的にきついことです。特に最初のころは体のあちこちが筋肉痛になっていました。

でもやりがいはありますし、お世話をする牛がとてもかわいいのです!
牛をよく見て、健康状態にすばやく気づけるようになりたいです。

牧場で働くようになったきっかけは、子供の頃から牛が好きでお世話をする仕事がしたいと考えていたからです。
当たり前ですが、牛とは言葉が通じないので大変な面もありますし、動物に接することの難しさを身をもって知ることが出来ました。

以前は全く違う仕事をしていましたが、牛が好きなのでこの仕事はやりがいがあります。

住み込みのバイトのメリット、デメリットについて

農家では、住み込みでバイトをとっている場合もあります。

作業は主に農作業ですがその内容は様々で、果物や野菜の生産、酪農などがあります。
農家さんが忙しい時期に多く募集されています。

繁忙期は、4月から10月あたりで、農家によって作業は異なります。
農作物の収穫や、除草作業などありますが、慢性的な人手不足の状況にあります。

最近では、ネットで検索して募集情報をしることも出来ます。
農家によって色んな仕事や住み込み情報などをしることができますので探してみるといいでしょう。
農家によっては、公営住宅に住んだり、寮があるところもあります。
長い期間働くようなら、部屋の状況やお風呂やトイレなどの環境も調べておいたほうがいいでしょう。

牧場でアルバイトをするひとはどんな人が多いの?

私は北海道に住んでいますが、近所には農家や牧場があります。

農業関係の学校もありますし長期の休暇の場合は、知り合いや親戚のところでアルバイトをする人も結構いました。

なかには、大学生を募集する農家もありました。

農作業なので主に体を使った仕事になりますが、接客が苦手という人には向いているかもしれません。

土を触るのは、精神的にもいいそうですよ!なんとなく安心感がありますよね。

酪農高校が舞台になったマンガもあったりしますね。その為か、牧場で働いてみたい、バイトをしてみたいという若者たちが増えてきているといいます。

牛乳やチーズやバターなど、私たちの生活には欠かせない物は農家さんの努力によって手にすることが出来ます。
手間や愛情が込められていることに感謝していただくことを忘れてはいけませんね。
一度バイトをしてみると、いい経験になるのではないでしょうか。

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 仕事