コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

必見!ケーキのスポンジの失敗しない切り方を教えます!

2018.4.18

ケーキのスポンジ、せっかく上手に作ったのに、切り方で失敗してしまう人が多いと言います。切った後でボロボロになってしまう、そんな経験をしたことがありませんか?
では、どんなものを使って切ればきれいに切れるのでしょうか?そのコツとは?

意外なものを使ってきれいに切れる?絶対に失敗しないケーキのスポンジの切り方を解説します!

ケーキのスポンジの切り方、自宅あるこんなものを使ってみよう!

ケーキのスポンジがふわふわで美味しそうに焼きあがっても切るときに切り口がつぶれてしまう事がありませんか?

スポンジは意外と切るのが難しいと思います。綺麗に焼けても切るところで失敗してしまうと、その瞬間とてもショックですよね。

こちらではスポンジを綺麗に切る方法を紹介します。

爪楊枝を使ってスポンジをカット

まず、切りたい場所を決めスポンジケーキ側面に対して直角に爪楊枝を1本差し込みましょう。

このとき、見える部分が少し残る程度に差し込みます。

それから、1本差し込んだ爪楊枝と真反対の同じ高さに、もう1本の爪楊枝を刺します。

同じように全部で8本の爪楊枝を左右、斜め45度と差し込みましょう。

そして、爪楊枝の上側を包丁が通るようにスライスしていけばいいのです。

これなら、簡単に切ることができそうですよね。

ぜひ試してみてくださいね。

ケーキのスポンジのきれいな切り方にはコツが必要!

ケーキのスポンジをキレイに切るためには、コツを掴めばキレイに切ることができます。

包丁でスポンジを切る時には、力を入れ過ぎないように切るといいでしょう。

包丁の重みを利用する

包丁の重みを利用した力加減で、包丁を引きながら切り離すというように切るとキレイに切れますよ。

力を入れて切ってしまうと、スポンジがつぶれてしまいます。

糸を使ってカットするのもオススメ

ケーキに果物などが挟まっている場合は、手縫い糸を使うといいでしょう。

糸を使ってカットするときは、ケーキを台の上などに乗せて、少し高くするとキレイに切りやすいですよ。

ぜひやってみましょう。

スポンジケーキがボロボロにならない上手な切り方は?

スポンジケーキを切る時って、ケーキがボロボロにならないか心配になりますよね。

スポンジケーキがボロボロにならないように、上手に切る方法についてご紹介いたします。

木の棒でカットする

用意するものは、ホームセンターの木材売り場で売っているような厚さが10mmの木の棒と3mmの木の棒です。

このとき、木の棒はスポンジの直径の3倍くらいの長さの物にしましょう。

それから、パンを切るときに使うなみなみが付いている包丁も用意してください。

なければ、スポンジより長い包丁でも問題ないでしょう。

切る前に、木の棒は2つに切ってきれいに洗いましょう。

スポンジの底の部分って焦げ目が気になるという方は、3mmの木の棒を使ってそれを取りましょう。

木の棒ではさみながら、お湯で温めた包丁を両方の木の棒にのるような形にします。

そして、木の棒に沿って包丁を上下に動かしながらスライスすると取れますよ。

それから、10mmの木の棒でスポンジをはさんで同じように切っていきましょう。

これで、2枚のきれいなスポンジが切ることができますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

もらったホールケーキを上手に切るための秘訣を教えます!

ケーキをしっかり冷やしておく事がポイント

ホールケーキを上手に切るためには、ケーキは生クリームが柔らかくなっていると、上手に切ることができません。

生クリームが柔らかくなっていると、切っている時にケーキが崩れてしまう原因にもなるのです。

ですから、ホールケーキをもらったときは、まずはケーキを冷蔵庫に入れて冷やしてから切るようにしてください。

それから、メッセージプレートなどがある場合は、切る前に取り外しましょう。

カットする際に邪魔になります。

包丁は、できるだけ刃が細く、長さのあるものを使うといいでしょう。

切る前に包丁をお湯で温めて水分を拭き取ってから切るといいですよ。

そして、切る時にはあまり力を入れずに、できるだけ大きく包丁を動かして切ります。

包丁に生クリームが付いたままでは、生クリームが、ケーキの断面やフルーツに付いてしまいます。

なので、一切れ切った後は包丁についた生クリームを拭き取ってから、次を切るようにしてくださいね。

しっとりとしたスポンジケーキを作るには?

材料の計量は、お菓子作りの基本

しっとりとしたスポンジケーキを作るにはポイントがあります。

まず、砂糖はレシピ通りに量を減らさないことです。

きちんとレシピ通りの軽量で作りましょう。

また、バターは全体にしっかりと混ざるように混ぜましょう。

バターが全体に行きわたると、しっとりとしたスポンジケーキに仕上がりますよ。

そして、スポンジケーキが焼きあがったら、はやめに切り口にシロップを塗ります。

さらに、スポンジ全体をラップでくるむようにすると水分が蒸発するのを防ぐので、よりしっとりとした質感にすることができるでしょう。

もし、デコレーションするのであれば、その前日のうちに焼いておくのがいいでしょう。

すると、生地も落ち着くのでより美味しくなりますよ。

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 生活・暮らし