コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

赤ちゃんが好きな音楽は?音楽が赤ちゃんに与える効果について

2018.6.9

赤ちゃんはママのお腹の中にいたときから色々な音を聞いています。生まれたあとも、音楽を聞きながら色々なことを感じて生活しているんですよ!

赤ちゃんはどんな音楽が好きなのでしょうか?音楽が赤ちゃんに与える効果って何?

そこで今回は、赤ちゃんに聞かせてあげたい音楽や、音楽を聞かせることで赤ちゃんに与える効果についてお伝えします!

赤ちゃんは音楽が好き!赤ちゃんにおすすめの音楽は?

赤ちゃんが好きなのはママの歌声

赤ちゃんはママの声が大好きです。赤ちゃんに話かける時のママの声を「マザリーズ」といい、ママの声を聴くことで安心感を得ています。

赤ちゃんはお腹の中にいたときからママの声を聞いています。

ですから、生まれたあとでもママの声を聞いて心を落ち着かせているのです。ママの声が大好きな赤ちゃんはママが歌っている歌が大好き!

赤ちゃんのために、積極的に歌を歌ってあげましょう。

赤ちゃんが好きなのは生演奏

優しい楽器の音色が大好きな赤ちゃん。ギターやピアノ、バイオリンなど生楽器から出る音の周波数には人間がリラックスすることができる音が出ています。

CDなどで聞くよりも生演奏の周波数の方が優しい音を奏で、赤ちゃんにも良い影響を与えてくれます。

赤ちゃんに生演奏を聞かせることができる場合は是非聞かせてあげましょう。

赤ちゃんが好きな音楽の特徴は?

赤ちゃんが好きな歌には3つのポイントがあります。昔から歌い継がれている「童謡」には、赤ちゃんが好きなポイントがあり、とても聞きやすい音楽です。

赤ちゃんが好む歌のポイント

  • 繰り返される歌詞がある
  • 単調なリズムの音楽
  • 擬音(キラキラ・とんとんなど)

赤ちゃんに歌を歌ってあげると赤ちゃんもとっても喜びますよ!

また、歌を歌うことでママの心も癒やされますので、積極的に歌うようにしましょう。

おむつを変えるときやお風呂に入るときに歌ってあげると良いですね!

歌を歌ってあげることで、赤ちゃんが言葉を覚えるというメリットもあります。

赤ちゃんの成長にとって、音楽はかかせないものです。赤ちゃんの健やかな成長のためにも、素敵な音楽をたくさん聞かせてあげてくださいね!

赤ちゃんは音楽が好き!音楽が赤ちゃんに与える効果は?

音楽は、ストレスホルモンが分泌されるのを抑え、気持ちを安定させてくれる働きをします。脳に流れる血流の変化が起こり、喜怒哀楽や本能のコントロールをスムーズに行えるようになります。

赤ちゃんに音楽を聞かせる時は、音楽に合わせて体を動かしたり、楽器など音の出るものを使うこともおすすめです。

思いやりの心を育て、コミュニケーション能力も向上させる効果があります。

音楽を聞かせることや絵本の読み聞かせを行うことで、赤ちゃんが言葉に興味を持つようになります。

言葉を覚えることが早くなり、音を聞き分ける能力も身について言葉を処理する能力があがっていきます。

また、カナダで行われた研究によりますと、定期的に音楽レッスンを受けている赤ちゃんは受けていない赤ちゃんに比べてIQが高くなったという報告もあります。

音楽の効果

  • 感情表現や思いやりを育てる
  • コミュニケーション能力を向上させる
  • 言語能力を発達させる
  • IQを向上させる

赤ちゃんに音楽を聞かせることで、赤ちゃんの成長に色々な嬉しい効果を与えることができます。

赤ちゃんはいつから耳が聞こえているの?

赤ちゃんの耳はいつから聞こえるようになるのでしょうか。

赤ちゃんの耳は妊娠5週目頃から耳を作る細胞ができていき、妊娠20週ころにはママの心音や声、血液が流れる音を聞けるようになります。

生まれたばかりの赤ちゃんがママの声を聞き分けることができるのは、お腹の中にいるときから耳が聞こえてるからなのですね。

新生児の頃の赤ちゃんの聴力は、音に反応することができるほどの聴力になります。

赤ちゃんが寝ているときに音を立ててドアを閉めると、ビクッとして泣き出してしまうこともあります。

これは赤ちゃんが音にびっくりして反応しているからです。

ですが、生まれたばかりの赤ちゃんの聴力は大人に比べるとまだ未熟です。

生後3ヶ月くらいになるころに、「音」として認識し始めるようになります。

赤ちゃんはお腹の中でどんな音を聞いているの?

赤ちゃんはママのお腹の中でどんな音を聞いているのでしょうか。

赤ちゃんが一番よく聞いてる音は、ママの心音や血液が流れる音です。お腹の中にいるときから、赤ちゃんは大好きなママのことを感じて過ごしているのですよ。

お腹の中の赤ちゃんが成長していくにつれて、外の世界でしている音を聞くことができるようになります。

例えば、ママがキッチンで料理をしている音やパパと会話をしている声など、日常生活の音を聞いています。

お腹の中にいる時は、羊水を通して音を聞いていますので、少しこもったような音で聞こえます。

プールの中にいるときに音を聞いた事はありますか?そんなイメージです。

赤ちゃんはママのお腹の中にいるときにママの声を聞いて覚え、生まれてきてからも声でママを判断しています。

ママの歌う歌や、絵本を呼んでくれる声などに安心感を感じていますので、赤ちゃんに積極的に話しかけてあげましょう。

妊娠中も赤ちゃんにたくさん話しかけてあげてくださいね!
きっと赤ちゃんにとって、一番良い胎教になりますよ!

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 生活・暮らし