コツコツ重ねる知識のアーカイブ

コツコツ重ねる知識のアーカイブ│チェスナッツロード

鰻の冷凍保存期間の目安やポイントと美味しく解凍するコツ

2019.3.9

鰻の冷凍保存期間について、どれくらいの期間なら鰻を冷凍して美味しく食べることができるのでしょうか?土用の丑の日に鰻を買ってきたけど食べきれないなどの理由で、鰻を冷凍保存したいと思うこともあるでしょう。せっかくの鰻だから駄目にしたくないので、しっかりと保存期間を守って美味しくいただきたいですよね。

そこで、鰻の冷凍保存期間について、冷凍できる保存期間の目安や冷凍するときのポイント、鰻を美味しく仕上げる解凍方法や冷凍する前に注意したいこと、保存した鰻を食べない方がいいときの判断などお伝えしていきましょう。

これを読めば、鰻の冷凍保存について保存期間の目安やポイントがわかります。美味しく解凍するコツもわかるので、冷凍した鰻の美味しさを引き出して楽しむことができるのでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

鰻の蒲焼が冷凍できる保存期間の目安

鰻をみると、「栄養が満点」などのイメージありませんか?その栄養満点な鰻ですが、冷凍をするとどの位の期間、保存することができるのか、保存期間の目安をみていきます。

保存期間は、1ヶ月を目安にする

冷凍するとなると、大体1ヶ月を目安にして食べてしまう方が良いです。「それ以上の保存は無理なの?」という質問が来ると思います。その質問に対する答えですが、「保存はできるけれど、味の質は落ちてくるので、なるべく早めに食べた方が良い」というのが、適切な答えになってくると思います。

またお店で売っているものは、既に冷凍したものを解凍しているものが多いと思います。それを再び冷凍するとなると、味の劣化は避けられません。「私それほど味にはこだわっていないの」という方は問題ないかもしれませんが、「どうせ食べるのなら美味しく食べたい」と思っている人は、冷凍せずにすぐ調理をして食べる方が味も落ちないので良いと思います。

鰻を保存期間を守って冷凍するときのポイント

鰻をこれから冷凍して、都合の良い時に解凍をして食べたい時のポイントを紹介します。

  • フリーザーバッグに入れる時には、しっかりと空気を抜く
    乾燥を防ぐ為にも、空気があってはいけません。専用のフリーザーバッグに入れる時ですが、空気をしっかりと抜きましょう。
  • 品質を保つなら、チルド室を利用する
    保存する場所も、冷蔵庫の中でも、チルド室を利用して、冷凍をしていきます。
  • 加工日から2-3日の保存が可能
    保存ができるとはいえ、できるだけ早めに食べてしまいましょう。
  • レトルトパウチは20日程保存は可能だけど、早めに食べることの方が大切
  • トースターで解凍する時は、タレは焦げてしまうので、水で洗い流した方が、美味しく食べれます。

冷凍した鰻を保存期間を守って美味しく解凍する方法

鰻を正しい方法で冷凍した後は適切な方法で解凍して、美味しく鰻を食べていきましょう。

レトルトの鰻の場合

カレーなどと同じ感覚になります。お湯に浸けて温めることで、解凍になります。解凍した後そのまま食べることができます。

パックの鰻の場合

パックから出して、お皿に移し日本酒を少しふりかけます。調理酒でも代用はできます。それにラップをして電子レンジで温めていきます。

鰻をフライパンで焼く場合

フライパンにアルミホイルを敷きます。鰻の皮が下になるようにのせて、お酒も全体的にかかるように入れます。量としては鰻の1/4程度が好ましいです。
蒸し焼きにして完成です。

買ってきた鰻を冷凍する前に注意したいこと

鰻を冷凍するその前に注意して欲しいことがあります。

鰻を冷凍する事が再冷凍になってしまうことがあります

上記でも少し触れてはいますが、お店で売っている鰻ですが、既に一度冷凍されているものを解凍して売っている場合もあります。もしかしたら、商品にそのように記述が既にあるかもしれませんが、その場合、あなたの自宅でまた冷凍するとなると、「再冷凍」になってしまいます。

味の劣化になってしまうので、あまりお勧めしません。鰻も美味しいまま食べるのが、消費者としてはベストだと思うので、冷凍することをせずにそのまま調理して食べることをお勧めします。

「そんなの私は気にしない」と思う方もいるとは思いますが、口から入るものです。なるべく冷凍せずに、美味しい時に召し上がった方が良いと思います。

保存した鰻を食べない方がいいときの判断とは

保存しておいた鰻だけど、これは食べた方が良いのか、悪いのか、何を基準にして保存しておいた鰻を食べたら良いのか。その判断方法を説明していきます。

カビが生えている、においがおかしい時

すぐに処分した方が良いと思います。

糸を引く

これも、食べない方が良いサインを食べ物から受け取っていると思います。

賞味期限がだいぶ切れているもの

「それでも大丈夫」と思われるかもしれませんが、賞味期限も食べれるのか、食べれないのかの基準になります。あまりにも賞味期限過ぎてしまっている場合は、食べない方が無難だと思います。特に鰻は生物という感覚もあります。賞味期限があまりにも過ぎているものには手を出さない方が良いと思います。

 

まとめ

鰻を食べて、スタミナをつけたい。栄養をつけるにも鰻を食べたい。お店から買ってきて冷凍するとなると、どの位の期間保存が可能なのか、注意点、解凍の仕方を見てきました。何か参考になることはありましたか?特に一度冷凍されていて、解凍されているものがお店で売っている場合は、すぐにあなたの自宅で調理して食べた方が、美味しく食べれるのでお勧めです。またあなたの家で冷凍となると、再冷凍になってしまい、味も落ちてしまいます。そうすると、食べていても美味しくないですし、食べる喜びもありません。すぐにフライパンや電子レンジで調理して食べるなど「工夫」をして、鰻のそのままの味を味わって下さい。

この記事の編集者

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロード編集部

チェスナッツロードは「気になる」「調べる」「まとめる」を毎日コツコツ記事にしています。コツコツ積み重ねた情報が誰かの役に立てれば嬉しいです。

WEB SITE : https://chestnuts-road.com

 - 未分類